リトルマガジンを読む 編:紅野敏郎 さみっと双書 名著刊行会

昭和57年 四六判 P360 カバー少スレ 小口汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

700円(税込)

購入数

国内文学評論・エッセイ




昭和57年 四六判 P360 カバー少スレ 小口汚れ

“●「主潮」「山繭」「青空」「驢馬」「文科」●
大正末から昭和初頭の一時期(1920年代)は空前絶後の同人誌全盛期であり、短命に終るという宿命を孕みながら、無垢な青年群像が互いにきそいつつ良質な多くの作品を生んだ。本書は昭和文学史の源流となった有力五誌を対象に、この時代を広く横に眺め、作家・作品の初発のエネルギー把握をめざして構想され、文学現象のなまの起伏そのものに降りたった新視点の成果である。”(カバー紹介文)

目次:
まえがき

【I 「主潮」】
「主潮」前史 ―尾崎一雄・村田春海などをめぐって(紅野敏郎)
 「映像」と詩/「映像」の人びと/「学友会雑誌」の一端/回覧雑誌「極光」

小宮山明敏論序説(金井景子)
 小宮山明敏と「主潮」/小説家・小宮山明敏/新感覚派の構図/「武者小路実篤氏の位置について」の意味

「主潮」における岡沢秀虎 ―超個人主義文学の提唱(吉田悦郎)
 「超個人主義」とは/「超個人主義」による文学とは/「超個人主義」よりみた文学状況

【II 「山繭」】
初期「山繭」と富永太郎(福田敏弘)
 「山繭」における富永の位置/初期「山繭」の精神圏/富永の詩的自己確立

永井竜男と木村庄三郎 ―羽化したもの、しなかったもの(宗像和重)
 「山繭」の位置/永井竜男の焦慮/木村庄三郎への評価/それぞれの転換期/羽化したもの、しなかったもの


【III 「青空」】
梶井基次郎「檸檬」を中心に(沢木久枝)
 転形期の中の「青空」/解放への希求/現実―その可能性の解体/瞬間の「青空」

外村繁の初期小説 ―「青空」時代の検討(遠矢竜之助)
 初期作品の検討―「母の子等!」など/初期作品の検討 ―「春秋」

三好達治の「青空」時代 ―北川冬彦との出会いをめぐって(前田真理)
 「模倣」からの出発/北川冬彦との出会い/「谺」と「乳母車」/短詩の試み/三好達治と安西冬衛/「僕等自身の建設」

【IV 「驢馬」】
窪川鶴次郎の「驢馬」時代(大塚博)
 「驢馬」発表作品の背景/文学への一つの転機/初期詩編―「荷船」その他/「隣の娘」連作に見る変移/詩から散文へ

「驢馬」期の堀辰雄(伊藤みどり)
 初期習作詩編から本格的な活動へ/青年堀辰雄の人生哲学と文学志向/詩と小説の距離

【V 「文科」】
牧野信一「心象風景」論 ―続篇への断層(柳沢孝子)
 正統両篇の破綻/自己嫌悪の萌芽/母親像の復活

田畑修一郎「鳥羽家の子供」前後(吉田司雄)
 「南方」に至りて/初期習作中の「植物」/「鳥羽家の子供」の位置

坂口安吾「竹藪の家」私論(中村良衛)
 竹藪の一家/駄夫という存在

資料=五誌総目次(紅野敏郎)
販売価格

700円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM