魔女の恐怖 ジェレミー・キングストン 訳:船戸英夫 学研

昭和52年 B5判 P144 カバー背ヤケ、少汚れ 小口からページ端にかけて少ヤケ、少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,800円(税込)

購入数

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学歴史世界史

文化・風俗・サブカルチャー呪術・占術・オカルトサイエンスほか

妖怪・幻獣・神話・民間伝承西洋・その他の神話・民間伝承・怪物




昭和52年 B5判 P144 カバー背ヤケ、少汚れ 小口からページ端にかけて少ヤケ、少汚れ

「超常世界への挑戦シリーズ」11冊目。

冒頭で妖術・黒魔術を信じる者たちによる現代の事件を紹介したのち、時代を遡って悪魔崇拝、魔女裁判・異端審問と処刑、差別と迫害、儀式や迷信といった歴史と諸相を、具体的な出来事を例に挙げつつ解説する。

“近年突如として、公然と「自分は妖術を使う」と言って得意になっている人が出始めた。現代の魔女たちはたいてい、よい目的で妖術を使う“白い魔女”だと自称する。魔女たちは、キリスト教以前の古代宗教の流れをくみ、呪いをかけるよりは儀式に関心を示している。秘密を第一にした魔女の習性は、どうしてなくなったのか? いったいどうして、この20世紀に妖術が流行するようになったのか?
 この問に答えて、ジェレミー=キングストンは妖術の起源にさかのぼり、黒魔術と白魔術の違いを明らかにする。そしてさらに、魔女と魔女弾効者の両者の心理にメスを入れ、15世紀から17世紀に至る残忍な魔女迫害の歴史の跡をたどっている。
 黒ミサとは、キリスト教の最も神聖な儀式であるミサを冒とく的に模倣放した、悪魔的な儀式である。その恐るべき実態を記し、白魔術を生み出した異教的崇拝について述べた後、著者は現代なぜ妖術が人々の関心を呼び、盛んになったかについて、興味深い結論を出している。”(カバー袖紹介文)

目次:
1 妖術とは
2 悪魔の手先
3 大魔女狩り
4 告発と告白
5 セーレムの魔女裁判
6 黒ミサ
7 白い魔女
8 妖術は必要か?

販売価格

1,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM