中井英夫全集 第2巻 黒鳥譚 創元ライブラリ

2004年再版 文庫判 P814+付録P8 カバー背少ヤケ、端少スレ P769下角裁断ミス

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,200円(税込)

購入数

国内文学小説

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・国内幻想文学・芸術・評論中井英夫

文庫、新書、選書



2004年再版 文庫判 P814+付録P8 カバー背少ヤケ、端少スレ P769下角裁断ミス

“遠い十二月の夜、失われた金貨は一羽の黒鳥によって鮮かに呑みこまれた……。黒鳥館主人・中井英夫にとって黒鳥とは何の謂だったか。“恥”の記憶に苛まれ続けた戦後への挽歌「黒鳥譚」のほか「麤皮」「蝿の経歴」「燕の記憶」「青髯公の城」、短篇集『見知らぬ旗』『黒鳥の囁き』、連作長篇『人形たちの夜』を収録。”(カバー裏紹介文)

目次:
【黒鳥譚】
{麤皮/蝿の経歴/燕の記憶/青髯公の城/黒鳥譚}

【見知らぬ旗】
 {日蝕の子ら/見知らぬ旗/黒塚/時間の罠/古代旅行者/銃器店へ/禿鷹 ―あとがきに代えて―/ノート}

【黒鳥の囁き】
 {鏡のなかへの旅/空き瓶ブルース/死者の誘い/炎色反応/黒鳥の囁き/あとがき・黒鳥扼殺者}

【人形たちの夜】
I 〈春〉 {異形の列/真夜中の鶏/跛行(はこう)
II 〈夏〉 {夢のパトロール/海辺の朝食/水妖(オンディーヌ)}
III 〈秋〉 {笑う座敷ぼっこ/三途川を渡って/影人(えいじん)}
IV 〈冬〉 {憎悪の美酒/歪む木偶/貴腐(プリチュール・ノーブル)}
あとがき}

解説(小笠原賢二)/解題(本多正一)
付録:思い出を少しばかり(山田太一)/冬の薔薇(皆川博子)
販売価格

1,200円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM