ミュージアムの思想 松宮秀治 白水社

2003年 四六判 P276 帯付 カバー少イタミ、僅汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

5,800円(税込)

購入数

人文・社会科学歴史世界史

博物・本草・錬金術・魔術・記号術




2003年 四六判 P276 帯付 カバー少イタミ、僅汚れ

“ミュージアムとは何か
ミュージアムとは、美術館、博物館にとどまらない広領域の概念であり、西欧近代のみが創り出しえた全世界の一元化をめざす思想である。
本書は新しい視点からミュージアムをとらえ直す刺激的な論考。”(帯文)



十六、十七世紀の「クンストカンマー(人工物蒐集室)」「ヴンダーカンマー(驚異物蒐集室)」の流行や、さまざまな王権のもとで行われた図書蒐集、ルドルフ2世のコレクション、知の大衆化・視覚化としての博物学など、ヨーロッパにおける蒐集の歴史をとりあげつつ、その背景にある思想を探る。
日本語でいう「美術館」「博物館」にとどまらない、図書館、植物園、動物園、歴史建造物など、広い領域を含む「ミュージアム」という概念を、「全世界を自己の裡に取り込み、世界を所有しようという」西欧的なイデオロギーから生まれた装置として読み解く論考。

目次:
序章 ミュージアムとは何か

第一章 コレクションの制度化
 1 コレクション再考
 2 王権と教権
 3 宮廷コレクションの拡大

第二章 コレクションと帝国理念
 1 世界のカタログ化
 2 政治の視覚化
 3 ユートピアから科学へ

第三章 ミュージアムの思想
 1 自然の征服
 2 新しい「神殿」の建設
 3 「芸術」の誕生
 4 保存の思想・排除の思想

終章 ミュージアムの思想の拡がり

参考文献
あとがき
販売価格

5,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM