ラテンアメリカ文学叢書5 遊戯の終り J・コルタサル 訳:木村榮一 国書刊行会

1982年2刷 四六判 P209 帯少スレ、内側時代シミ 筒函少時代シミ(天時代シミ多) 本体元パラ少濡れ跡、少ヤケ、袖折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,200円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

海外文学小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・海外幻想文学・芸術・評論






1982年2刷 四六判 P209 帯少スレ、内側時代シミ 筒函少時代シミ(天時代シミ多) 本体元パラ少濡れ跡、少ヤケ、袖折れ跡

“ボルヘス以後のラプラタ河幻想文学の恐るべき旗手 コルタサルの夢と狂気”(帯文)

“コルタサルのこの慎ましくも恐るべきテクストの中では、夢と覚醒、虚構と現実との境界はもはやない。そして彼は、虚構を現実にむけてではなく、現実を虚構にむけて乗り越えるのだ。
夢、狂気、無意識、そして小説の《言語》が今日問題となっているのは、こうした文脈においてであり、これは又伝統的小説への最も根本的な異議申し立ててもあるだろう。ラプラタ河幻想交学のボルヘス以後を代表するメディシス賞作家の、夢と狂気と幻想の傑作短篇集。”(帯裏紹介文)

目次:
【I】
続いている公園
誰も悪くはない

殺虫剤
いまいましいドア
バッカスの巫女たち

【II】
キクラデス島の偶像
黄色い花
夕食会
楽隊
旧友
動機
牡牛

【III】
水底譚
昼食のあと
山椒魚
夜、あおむけにされて
遊戯の終り
ラプラタ河幻想文学とコルタサル(木村榮一)
販売価格

1,200円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM