天使論序説 稲垣良典 講談社学術文庫

1996年 文庫判 P194 カバー僅イタミ 天僅時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,000円(税込)

購入数

人文・社会科学宗教・民間信仰

妖怪・幻獣・神話・民間伝承西洋・その他の神話・民間伝承・怪物

文庫、新書、選書講談社学術文庫




1996年 文庫判 P194 カバー僅イタミ 天僅時代シミ

“天使とはなにか、天使というものは本当に実在するのだろうか。西洋の長い思想の歴史の中で、二千年以上に及ぶ長い期間、多くの優れた思想家が天使について様々な探究と思索を行なってきた。本書は、天使を神話やメルヘンの世界の想像力の対象としてのみならず思想史の流れに立ち返り、学問的研究の対象として捉えることによって、現代人の自己実現と認識が図れると説く卓越した書き下ろし天使論。”(カバー裏紹介文)

目次:
まえがき
序章 天使とわれわれ
 {天使とは何か?/思想史における天使 /メルヘンから学問へ/「精神」について}
第一章 天使の研究
 {天使学/サルの研究/心のための場所}
第二章 天使の存在
 {「存在」の問題/聖書と天使の存在/天使と存在の位階秩序《ヒエラルキア》/見えないものの世界/「私」はどこにいるのか?}
第三章 天使の知
 {思考実験/比較認識論/感覚と知性/推理と判断/天使と認識の誤り/本有観念/「知る」ことの意味}
第四章 天使の言語
 {天使は語るか?/「内的な語り」/照明と訴え/天使の語りから学ぶこと/天使は人間に語るか?/天使は常に神に語る}
第五章 天使の愛
 {天使と愛情/美と愛/神を愛する/神を憎む}
第六章 天使の罪
 {天使と罪/罪とは何か?/悪の究極にあるもの/沈黙と闇/激慢と妬み/「神のごとく」}
第七章 天使の社会
 {天使の社会学/ペルソナと個体/天使社会の構造/学習社会}
販売価格

1,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM