廃仏毀釈 柴田道賢 公論教養 公論社

昭和53年 四六判 P204+索引P5 カバー少ヤケ、時代シミ、少イタミ、端少縛り跡 

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

0円(税込)

売り切れました

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学歴史日本史




昭和53年 四六判 P204+索引P5 カバー少ヤケ、時代シミ、少イタミ、端少縛り跡

“明治維新に重大な役割を演じた廃仏毀釈の解明。日本の廃仏の先蹤を中国に見出し、仏教の本質的性格を述べ、歴史的位置づけをしつつ、明治政府の神仏分離政策の動機と実施・経過を考察し、廃仏の実例を検討して五つの型をあげる。維新研究の空白を埋める労作。”(宣伝文)

目次:
序言

第一章 序説
 一 宗教における排他的性向
 二 廃仏毀釈か、排仏棄釈か

第二章 中国における廃仏の先蹤
 一 仏教の伝来と道教の成立
 二 儒・仏・道三教の思想的葛藤
 三 中国における廃仏の実情

第三章 廃仏毀釈の前奏
 一 我が国における廃仏思想の抬頭
 二 我が国における廃寺廃仏の先蹤

第四章 廃仏毀釈の要因
 一 思想的社会的要因
 二 仏教内部に醞醸された要因
 三 廃仏勢力の結集

第五章 政府の施策
 一 神仏分離発令まで
 二 神仏分離発令
 三 宣教使時代
 四 教部省 ―大教院

第六章 神仏分離政策の実施
 一 神社における神仏分離
 二 修験宗における実施

第七章 地方政府の廃仏
 一 神葬祭型
 二 水戸藩追隨型
 三 津和野藩方式によるもの
 四 権力を恃む強行型
 五 隠岐の廃仏

第八章 廃仏措置、民衆の暴動を呼ぶ
 一 三河大浜事件
 二 信濃川土工一揆
 三 誤解に基づく越前の暴動

終りに当って
廃仏毀釈略年表
販売価格

0円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM