美神の館 ビアズレー 訳:澁澤龍彦 桃源社

ホーム

海外文学 小説・物語

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ 澁澤龍彦

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ その他海外幻想文学・芸術・評論

昭和54年初版 A5判 P243+巻末図版P16 帯角少破れ 本体元パラ下端少欠損 天少時代シミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,200円(税込)

売り切れました


昭和54年初版 A5判 P243+巻末図版P16 帯角少破れ 本体元パラ下端少欠損 天少時代シミ

オスカー・ワイルド『サロメ』の挿絵などで知られる19世紀末イギリスのイラストレーター、オーブリー・ビアズリーが書いた未完の小説。
タンホイザー伝説から題材を借りて、頽廃的、耽美的あるいはポルノグラフィックな場景が展開する。
本来の題名から訳せば『丘の麓で』あるいは『ウェヌスとタンホイザー』とするところ、訳者である澁澤龍彦によって「美神の館」と題された。

巻末に「ビアズレー名作選」として、本作とは関わりなくイラストレーターとしての作品16点を収録。

“その特徴ある絵画作品を以て、世紀末ヨーロッパの芸術運動の渦中に飛び込み、一代の寵児として名声を謳われながらも、二十五歳という短い生涯を火花のように燃えつきさせた天才画家ビアズレーが、絵画世界を言語に置き換えて描いた奇作!!”(帯文)

“名高きヘルゼル山の麓に、女神にして娼婦たるウェヌスの奥方の治める国あれば、この国の風習を正しく報告し、併せて、この地におけるタンホイザーの情事やら悔恨やら、ロオマへの旅やら、はたまた愛の山への帰還やらを叙述す、これすなわちウェヌスとタンホイザーの物語なり。オーブリ・ビアズレー”(本書巻頭より)

目次:
献辞(オーブリ・ビアズレー)

美神の館(オーブリ・ビアズレー)

オーブリ・ビアズレーについて(アーサー・シモンズ
訳註
解題
付・ビアズレー名作選

販売価格

1,200円(税込)

売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM