澁澤龍彦全集 第7巻 狂王/異端の肖像/ホモ・エロティクス/補遺1966〜67年 河出書房新社

1993年1刷 ページ部分14.9×20.0 P564 帯・函背少ヤケ、下端少濡れシミ 本体元パラ端少イタミ、背時代シミ 小口少時代シミ 月報付

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,400円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
11月26日(終日)、28日(午前中)、29日(午後〜)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

国内文学評論・エッセイ

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・国内幻想文学・芸術・評論澁澤龍彦



1993年1刷 ページ部分14.9×20.0 P564 帯・函背少ヤケ、下端少濡れシミ 本体元パラ端少イタミ、背時代シミ 小口少時代シミ 月報付

目次:
【狂王】

【異端の肖像】
 {二十世紀の魔術師/生きていたシャルリュス男爵/バベルの塔の隠遁者/幼児殺獄者/恐怖の大天使/あとがき(初版)/あとがき(新版)/あとがき(文庫版)}

【ホモ・エロティクス】
 I {ホモ・エロティクス ナルシシズムと死について/エロティック文学史のための序説/映画におけるエロティック・シンボリズムについて/エロティックの少数派/アラジンのランプ「千一夜物語」について/ドラキュラはなぜこわい? 恐怖についての試論/現代の悪について ニヒリズムの病理学/科学を越えるもの 真の文明とは何か}
 II {わたしのボオドレエル像/クロワッセの隠者 フローベール私見/アンドレ・ブルトンの鍵/ジャン・ジュネについて/天使のジャンよ、瞑すべし/ユイスマン『さかしま』のあとがき/レアージュ『オー嬢の物語』のあとがき/女だけの女の芝居 三島由紀夫「サド侯爵夫人」を見て/言葉の殺戮者 加藤郁乎試論/高橋睦郎第三詩集に寄せて/「状況劇場」のために/日常性のドラマ 池田満寿夫の個展に寄せて/純白のプラトニズム 野中ユリについて/インク壺のなかの悪魔/華麗なメタモルフォシス 宇野亜喜良のイラストレーション}
 III {『アレキサンドリア四重奏』頌/『黒い本』『ブラック・ブック』 ローレンス・ダレル著/『ハドリアヌス帝の回想』マルグリット・ユルスナル著/『山猫』ランペドゥーサ著/『ロリータ』ウラジミール・ナボコフ著/『ジェラード・ソーム氏の性の日記』コーリン・ウィルソン者/『エロスの涙』ショルジュ・バタイユ著/『ロベルトは今夜』ピエール・クロソウスキー著/再説『ロベルトは今夜』/『マンク(破戒僧)』マシュー・G・ルイス著/『ユビュ王』アルフレッド・ジャリ著/『大いなる自由』ジュリアン・グラック著/『千夜一夜の世界』リチャード・F・バートン著/『西洋古典好色文学入門』フォルベルク著/『性の社会学』F・ヘンリックス著/『心の話』ジョン・R・ウィルソン著/『転身物語』オウィディウス著/『美学入門』ジャン・パウル著/『ラモーの甥』ディドロ著/『武装せる予言者トロツキー』ドイッチャー著/『芸術家の運命』 エレンプルグ著/『銀河鉄道の夜』 宮澤賢治著/『瘋癲老人日記』谷崎潤一郎著/『夷斎遊戯』石川淳著/『安西冬衛全詩集』『花田清輝著作集』に寄せて/『午後の曳航』三由紀夫著/『美の襲撃』三島由紀夫著/『形而情学』加藤郁乎著}

 IV {ルイス・ブニュエルの汎性欲主義/ベルイマン、この禁禁欲的精神/非社会的映画のすすめ W・ワイラー「コレクター」を見て/カリガリ博士 あるいは精神分析のイロニー/恐怖映画への誘い/怪奇映画の季節 ドラキュラの夢よ、いまいずこ/ショックについて/デパートのなかの夢魔 「白日夢」のノスタルジアについて/エロス的風俗に関する対話/黒い血の衝撃 三島由紀夫「憂国」を見て/階級闘争か生物学主義か 大島渚「忍者武芸帳」を見て}
 V {わたしの処女崇拝/エロスとフローラ/貝殻頌/現代悪書論/「地獄」棚の魅力/私の推薦する悪書10選/「異端の文学」のすすめ/セックス・アッピール 見られるための存在/殺人狂時代/自分の死を自分の手に} あとがき(第二版)

【補遺 一九六六―六七年】
 {幸福は永遠に女だけのものだ/ヤクザ作家の出現/澁澤喜作について/競馬 群衆のなかの孤独/カルタとり 優雅な遊び/マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』(上)あとがき/マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』(下)あとがき/威勢のわるい発言/『岩田宏詩集』(書評)/マルセル・シュオブ『エムペドクレス』mémo/女性と論理/栗田勇のデーモン/衣裳交換について/英国にった“魔女の秘儀”/飯島耕一『アポリネール』(書評)/麗人・金子國義/スキャンダル、芸術家たち/一角獣のメロディー/わたしの愛する怪獣たち(「わたしの博物記)/『異端の肖像』(「わが著書を語る」)/『ジャン・ジュネ全集』第二巻 解説/純日本的な情念/怨恨の血/異常性愛論/ラディゲ『肉体の悪魔』 ロマネスクな心理の空間/横浜で見つけた鏡}

解題(松山俊太郎、種村季弘、出口裕弘、巌谷國士)

月報:インタヴュー 「モダン日本」記者 澁澤龍雄(吉行淳之介 インタヴュアー:種村季弘)
販売価格

1,400円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
11月26日(終日)、28日(午前中)、29日(午後〜)は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM