近代文学とその源流 ―民話・民俗学との接点 星野五彦 教育出版センター

1982年 四六判 P277 カバースレ、ヤケ、少汚れ、端少イタミ P85・143上角折れ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,000円(税込)

購入数

国内文学評論・エッセイ

国内文学古典文学(近世以前)

妖怪・幻獣・神話・民間伝承日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪




1982年 四六判 P277 カバースレ、ヤケ、少汚れ、端少イタミ P85・143上角折れ跡

書名に「近代文学とその源流」とあるものの、おもに上代文学や説話をめぐる小論を集め、各テーマに関する著者の考察、あるいは仮説・推論を提示。
第一部「源流編」では、万葉集や源氏などの古典作品における先蹤作品や漢詩からの影響、文学の原初的な起源をめぐる言説の変遷、「妹」という語や三輪山伝説の「蛇」や国内外に例をみる擬娩(夫による出産の模倣)などについて。
第二部「伝承編」では仏教説話や、古代文学・草双紙・朝鮮の狐譚、その他について。
後半3分の1弱に相当する第三部で「近代編」で谷崎潤一郎、岡本綺堂、与謝野晶子などの作品を古典文学との関係において論じる。

目次:
序(小林芳仁)

【第一部 源流編】
1 伝統の底流
2 文学起源説の史的変遷
3 「妹」小考
4 「高橋氏文」小考
5 三輪山伝説の「蛇」とは
6 食わず女房の「上のロ」小論
7 擬娩(クーバード)小考

【第二部 伝承編】
1 身近な説話
2 霊異記と未来医学
3 「霊異記」は「リヤウイキ」か「レイイキ」か
4 仏教説話の空白問題 ―伝来から霊異記まで
5 古代文学に見る狐
6 草双紙に見る狐
7 朝鮮の狐譚
8 説話・民話一つの観点

【第三部 近代編】
1 谷崎潤一郎の戯曲 ―初期を中心に―
2 谷崎の古典への道 ―『蓼喰ふ虫』を通して―
3 綺堂と八雲 ―伝説と創作を通して―
4 綺堂作『離魂病』小考
5 『みだれ髪』と『紫』 ―その相関性について―
6 横麑覬と万葉集
7 資料紹介・伝聞鈴木三重吉
8 授業余録・死にたまふ母

あとがき
販売価格

1,000円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM