犬の日本史 人間とともに歩んだ一万年の物語 谷口研語 PHP新書

ホーム

人文・社会科学 歴史 日本史

文庫、新書、選書

2000年 新書判 P203 カバー上端僅イタミ 小口僅汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

500円(税込)

購入数



2000年 新書判 P203 カバー上端僅イタミ 小口僅汚れ

“洋の東西を問わず、人間にとって最も身近な存在であった犬。
犬が唯一の家畜であった縄文時代から、犬狩で追放された平安時代、犬追物がブームになった室町時代、南蛮犬が珍重された戦国時代、「犬公方」まで登場した江戸時代、軍用犬が初めて本格的に組織された近代まで、本書では日本史上の犬にまつわるユニークなエピソードを多数掘り起こす。犬との関係は日本人の自然観をも映し出すという視点から、日本における犬と人間社会との交流を丹念に描き出す一冊。”(カバー袖紹介文)

目次:
はじめに
第一章 日本史への犬の登場
 {犬は人類のもっとも古い友/縄文犬の登場/縄文犬はどこからきたのか/狩猟に力を発揮した犬/文献に登場する猟犬}

第二章 白い犬の幻想
 {記紀と風土記の白い犬/白犬が鼻から出した白糸/三河の犬頭社と犬尾社/祥瑞になれなかった白い犬/日本犬の毛色は何色か}

第三章 平安京の犬のいる風景
 {清少納言と親しかった犬/平安宮廷の犬のいる風景/平安京の掃除人は犬とカラス/平安貴族をこまらせた犬の穢れ/犬を追放する犬狩の行事}

第四章 犬と中世の武家社会
 {鎌倉武士の獲物は犬/室町幕府は犬追物ブーム/犬追物では犬は死なない/闘犬が鎌倉幕府の滅亡をはやめた?/北陸の南朝軍が使ったスパイ犬/太田三楽斎がつかった伝令犬/日本での近代的な軍用犬の利用}

第五章 海外からやってきた犬
 {古代・中世の渡来犬/南蛮貿易で輸入された洋犬/南蛮犬(唐犬)はいばっていた?/特別あつかいされた狆/狆ブームといくつかの系統}

第六章 鷹狩をめぐる犬たちの明暗
 {鷹狩と鷹犬/ある犬飼のみた悪夢/優遇された鷹犬/鷹の餌とされた駄犬/鷹餌用の犬の大量虐殺}

第七章 犬公方と江戸の犬
 {将軍綱吉の「生類憐みの令」/「お犬様」をめぐる悲喜劇/江戸の獣医はいい加減/中野に造られた大規模な犬小屋/犬にむかった憎悪}

第八章 犬を食う人、人を食う犬
 {日本人の肉食/犬肉も食べられていた/江戸時代にもあった犬食/毛皮や脂の利用/人の死体を「処分」する犬/捨て子・捨て病人も犬の餌食/犬の先祖は肉食獣}

第九章 犬の霊力・呪力・超能力
 {犬の人に対する愛情/侮辱的に響く犬という言葉/犬の嗅覚・聴覚・視覚/犬と会話はできるか/犬の信心/魔除けになった犬/犬の字・犬張子・犬神憑}

第十章 狂犬病は犬と人の共通の敵
 {狂犬病とは/律令にいう「狂犬」とはなにか/日本での狂犬病の発生/期待できない治療法/村々から排除される犬/「対策は殺すのみ」の悲劇/死にいたる病からの解放}

第十一章 消滅しかけた日本の犬の歴史
 {欧米人の観察から/歴史上の町の犬・村の犬/日本犬の代表は狆?/なぜ、カメばかりになったのか/日本犬の血統を守る運動/日本在来犬の保存をめぐって}

あとがき
参考文献

販売価格

500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM