アイルランド文学はどこからきたか 英雄・聖者・学僧の時代 三橋敦子 誠文堂新光社

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 歴史 世界史



1985年 A5判 P211 カバースレ、背から端にかけて少ヤケ

目次:
序(Focal on Ambasadoir〈駐日アイルランド大使〉)
まえがき

第1章 序論
 1 ゲール文学の源流
 2 黄金時代への展望
 3 アングロ・アイリシュ文学の傾向
 4 現代アイルランド文学の様相

第2章 大陸ケルト語の成立と崩壊過程
 1 ハルシュタット鉄器文化の流れ
 2 ラ・テーヌ文化
 3 スキシアの西進
 4 ケルト民族の発生
 5 ケルト系種族の移動と文化圏拡充
 6 ローマ軍の進攻
 7 ウェルキンゲトリックスの英雄的活躍と悲運
 8 ケルト語の崩壊過程

第3章 島峡ケルト文化の発達
A ブリテン島へのケルト人の渡来とローマ軍の進駐
 1 ケルト人のブリテン島上陸
 2 ローマ軍の進攻
 3 カレドニアとピクト族
B アイルランド島有史前のすがた
 1 ヨーロッパ大陸と地続きであったアイルランド
 2 氷河期のあとに出現した森林に「榛」
 3 アイルランド島最初の住民
 4 ケルト語ではない地名の残るアラン諸島
 5 巨石文化の担い手たち
 6 ハルシュタット系文化の継承者と金製品輸出国の工芸家たち
 7 タ・テーヌ文化の担い手たち
 8 アイルランド島へのケルト系諸部族の渡来と定住
  {1 ケサールの渡来/2 パーソランの渡来/3 ネミディアンス族の渡来/4 フォーモリアン族の渡来/5 フィルボルグ族の渡来/6 トゥアハ・デ・ダナーン族の渡来/7 マイリージァン族の渡来}
 9 Q-ケルト語とP-ケルト語の共存
 10 古代ゲール語の方言はどこからくるか

第4章 アイルランド文学の黎明期
 1 口承文学の世界 ―ベール文学抬頭期
 2 最古の詩人か、アマギン

第5章 アイルランドの古文学
 1 古代宗教 ―ドゥルイド教とキリスト教伝来
 2 僧院と学問 ―聖パトリックと聖コロンバの活躍
 3 二大聖人に続く学僧たちの文学的功績
 4 アイルランド文学黄金時代の拾頭
  {1 ロ承文学と文字文学の併存/2 ケルト文字の発達と修道院/3 民間伝承と歌謡}
 5 古代ゲール語の性格

参考文献
主要語素引
 アイルランド文学の歩み(表)
 アイルランドの州名(地図)

販売価格

1,500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM