動物名の由来 中村浩 東京書籍

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

カテゴリー : ホーム 自然科学 読み物・エッセイ



1998年2版 四六判 P239 カバー裏少キズ

“身近な動物の楽しい命名考
虎は中国音のタイラ、狸は手貫、烏は黒し、鯉は恋、鮪は眼黒・・・? 古書や通説、古名、地方名等を駆使して、身近な動物の名の由来を推理した名篇。”(帯文)

“われわれになじみ深い動物―哺乳類、鳥類、魚類などの名前の由来を、多くの文献を紹介しつつ、極めて面白く解説している。広く人々に読まれ続けている名著である。”(カバー紹介文)

目次:
序に代えて(末広恭雄)

【獣の部】
ライオンは“王者”の意/虎の名は中国音の“タイラ”/象は象牙に由来する名/豹は漢名の音よみ/熊は“隈”の意か/牛は“使役獣”の意味か/馬の本名は“マ”/羊は“日辻”か/鹿の本名は“カ”/猪は“怒”の意か/狼は“大神”か/狐は鳴き声による名か/狸は“手貫”か/猿は“マシラ”の転/兎の本名は“ウ”/犬は魔除けの意味か/猫は“寝るを好む”の意/鼠の名の由来/鼹鼠は“穿ぐる”の意/鼬とは“息絶ち”の意か/川獺は“魚食”の義/鼯鼠は“身細び”の意か/蝙蝠は“蚊を好む”の意/膃肭臍は催淫薬の名/鯨は“肉白”の転か

【鳥の部】
鷲は“輪過ぎ”の義/鷹は“猛き”意か/鳶は“飛び”の意/烏は“黒し”の意か/鵲は“カラスサギ”の略か/鷺は“騒ぎ”の意か/雉は“烈しい鳥”の意か/鶴は“つるむ”の意か/鴨は“浮ぶ鳥”の義/雁は“帰り”の意か/鶺鴒は交合を教える鳥/啄木鳥は“虫を取る”意/駒鳥は鳴き声が馬の轡の鳴る音に似る/うぐいすは“奥出ず”の義か/杜鵑の名は鳴き声から/雲雀は“日晴”の意/雀は“小さい鳥”の意/燕は“土食み”の意か/鳩は“羽迅”の義/鶉は“草叢に群る”意か

【魚の部】
鯛は“平魚”の意/鮪は“眼黒”の意/鰹は“堅魚”の意/鰤は“あぶら”の略転か/鯵は“味”の意/鯖は“小歯”の意/秋刀魚は“狭真魚”の意/鰶は“子の代”の意/鰯は“弱し”の意/河豚は“ふくる”の意/鮸は“膠”の意/鱚は“潔”の意か/鰈は“枯魚”の義か/鱸は“すすぎ”の意か/鯔は代表的出世魚/権瑞は“役立たぬ”意/沙魚は“はねる魚”の意/鰧は“痴なる”義/鮟鱇は“海の悪魔”/笠子は“笠をかぶった”意/穴子は“穴にすむ” 意/鱓は“靭”に似た魚の意/鮫は“狭目”の意/鮭は“製け”の意/鱈は“雪魚”の合和字/鱩は“雷魚”の意/鯉は“恋”の義/鮒は“骨なし”の意か/鮎は“あゆる”意/岩魚は“岩にひそむ”意/鯰は“滑らかな”の意/鰻は“長”の意/泥鰌は“泥之魚”の意

【貝の部】
蜆は“縮貝”の義/浅蜊は“漁る貝”の意/蛤は“浜栗”の意

索引

販売価格

700円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM