プラネタリー・ブックス6 神秘と冗談 高橋克巳、松岡正剛 工作舎

ホーム

人文・社会科学 宗教・民間信仰

現代文化・風俗・サブカルチャー 呪術・占術・オカルトサイエンスほか

雑誌・ムック本 その他

1979年 13.7×21.0 P105 表紙少イタミ 小口からページ端にかけてヤケ、シミ汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,300円(税込)

購入数



1979年 13.7×21.0 P105 表紙少イタミ 小口からページ端にかけてヤケ、シミ汚れ

東西の神秘主義思想やオカルティズムといったテーマをめぐる高橋克巳と松岡正剛の対談

目次:
第1談 神秘と機会の逢着
 ウロボロスの光る電車
 ドラッグ・トリップとオカルト・トリップ
 エビを連れて散歩するネルヴァルの幻視
 われわれは一種の光子系ともいうべき超身体流を持っている
 密室のサイキック・マスターベーションの弊害
 世紀末には“機会の神秘主義”こそが欲しい

第2談 魂の振れと事物の振れ
 超個体的な憧憬と神秘の発生
 うちふるえる乾電池の香り
 場所にならんとして消えてゆく“にじみ”の妙
 単純なことを究明すると神秘が冗談のようにやってくる
 『新約聖害』はオカルト入門書だった
 ブラヴァンキーの神智学からシュタイナーの人智学へ
 アストラル体とェーテル体のクロスオーバー
 気の神秘学から“景気”も“健気”もやってくる
 大字宙論が人体学宙に投影して「仙胎」になった

第3談 冗談神秘世界へ
 まるで冗長機関車のように
 「真似」のおかしさと「ワンパターン」
 セーターの破れと肘の出逢いは縁起がいい
 事態の持続があれば瞑想に頼る必要はない
 歩行における恩寵的感覚
 存在ばかりが「神秘と魅惑の溶暗」を願っているのではない

エピローグ・遊談者紹介

販売価格

1,300円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM