旧約の宗教精神 植田重雄 早稲田大学出版部

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 宗教・民間信仰

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 歴史 世界史



昭和47年3版 A5判 P231 函ヤケ、汚れ、角縛り跡 本体小口ヤケ、少時代シミ 見返しヤケ

“本書が意図する主題は、旧約の歴史研究ではない。むらん教義的なことがらでもなく、強いていうならば、ヘブライ人の信仰形成の宗教的態度がどのようであったか、その宗教的思惟の諸特質を知り、基礎になっている態度を明らかにすることに重点を置いている。イスラエル人が神とどのような関係を結んだか、また思惟したか、世界や人間(あるいは共同体)をどんな態度で理解していたか。またどのような歴史意識を抱いていたか、などといった問題について、「神の認識」「世界像」「人間像」「擬人的表現と偶像崇拝禁止」「神と人間の実存関係」「漂泊の意義」「歴史意識」の各章において、ふれようと試みたものである。”(本書巻頭「はしがき」より)

目次:
はしがき
第一章 神の認識
 一 神との出会い/二 神の性格/三 超越性/四 生ける神/五 創造の神/六 一つなる神

第二章 擬人的表現と偶像崇拝禁止

第三章 世界像
 一 「世界」を示す用語/二 世界像の一般的表象/三 ヘブライ人の把握した自然/四 創造された世界の把握/五 世界の保持/六 歴史の現実の把握

第四章 人間像
 一 人間の理念/二 共同体/三 楽園説話/四 人間の行為/五 知恵/六 共同体の倫理/七 人間的品位

第五章 神と人間の実存関係
 一 啓示/二 二つのモメント

第六章 口伝律法
 一 序/二 ミドラシ/三 ハラカ/四 口伝律法/五 口伝律法の意義

第七章 ヘレニズム時代の律法解釈の問題
 一 経済的側面/二 律法のもとに見た労働と商業/三 アム・ハー・アーレツについて

第八章 旧約聖書における漂泊の意義
 一 序/二 族長とモーセ/三 バビロンの捕囚よりの解放/四 巡礼/五 漂泊の意義

第九章 歴史意識
 一 歴史的現実/二 現実にたいする信仰/三 歴史的表現/四 契約/五 時間と歴史意識

販売価格

1,400円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM