ボーヌで死ぬということ 〈中世の秋〉の一風景 田辺保 みすず書房

カテゴリー : ホーム 国内文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 歴史 世界史



1996年 四六判 P271 帯付

“ペスト、皮剥ぎ、死の舞踏、ジャンヌ・ダルク…。中世の秋に誕生した〈ボーヌ施療院〉の現在と過去を往還し、生と死をみつめる感動の書。もう一つのルネサンス。”(帯文)

“フランスはブルゴーニュ地方にある町ボーヌ、ワインの産地として名高いこの地には、赤、黄、緑など人の眼をうばう色調でつくられたボーヌ施療院がある。15世紀末以来、この建物の中で人々は病いを癒し、老い、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作「最後の審判」にみとられつつ、死をむかえたのだった。
15世紀前後のヨーロッパはペストが猛威をふるい、「皮剥ぎ」が横行し、「死の舞踏」が流行した時代、延々とつづく百年戦争のさなか、オルレアンの少女ジャンヌ・ダルクが奇跡のように登場し、同時にまたジル・ド・レが凄惨をきわめていた時代だった。
ホイジンガ『中世の秋』の舞台である。著者は、ボーヌ施療院建造へといたる、これら中世のさまざまな事件に思いをはせ、そこに数々の人間ドラマを発見してゆく…
死について、病院の起源についてなど、多層のテーマを重ねながら、決して「暗黒時代」とはいえない「もう一つのルネサンス」を、著者はしかと見つめている。感動の書き下ろし歴史紀行。図版多数。”(カバー裏紹介文)

目次:
第一章 ボーヌ施療院を訪ねる
第二章 ファン・デル・ウェイデン「最後の審判」を見る(一)
第三章 ファン・デル・ウェイデン「最後の審判」を見る(二)
第四章 「中世の秋」を生きる(一) ―ペスト禍の中で
第五章 「中世の秋」を生きる(二) ―「皮劉ぎ」の襲来
第六章 「中世の秋」を生きる(三) ―「死の舞踏」を踊りつ
第七章 ブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンのこと
第八章 二コラ・ ロランとボーヌ施療院

参考文献
あとがき

販売価格

1,000円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM