シモーヌ・ヴェーユ 最後の日々 ジャック・カポー 訳:山崎庸一郎 みすず書房

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学



2009年新装版1刷 四六判 P176+P14 帯付

“4年の生涯の最後の肖像。ニューヨークからロンドンへ、執筆に捧げた15ヵ月。”(帯文)

“〈シモーヌは,だれもついてゆくことができない山頂のうえで、ふたたび孤独な自己と向き合う。山をよじのぼり、つづいている一筋の道をたどりながら、彼女はそれらの道程のひとつひとつにおいて、おなじ主題、おなじ問題、おなじ解答を見出してきた。だが、目的地にたどりつきつつある現在、それらすべては単純化されてくるように思われるのだ。中心のみが不動である。そのまわりを廻っている歩みはたえず半径をせばめている。なぜなら終局に近づきつつあるからである。〉
シモーヌ・ヴェーユの思想はすぐれた素質のもつ意識のドラマともいうべきものであり、その発展は驚くべき一貫性を有している。彼女においては思素と実践が分かちがたく結びついた統一体をなしており、内面の発展を理解するためには、その生涯を知ることが不可欠であろう。本書は先に刊行され、最良の伝記と評価された、同じ著者による『シモーヌ・ヴェーュ伝』 の補足をなすものである。
 1942年6月のマルセイユ出港から、ニューヨークを経て、翌年8月に亡命先ロンドンで悲劇の死を遂げるまでの15ヵ月間は、ヴェーユの最大の文学的活動の時期であった。ヴェーユの思想の独自性への深い理解と、綿密な資料・証言蒐集から生れた本書は、この最後の日々に光を当て、短かりし生涯を通じてつねに真理のみを追求した稀有の魂の内面のドラマを描き出す。”(カバー裏紹介文)

目次:
まえがき

ニューヨーク、およびロンドンにおけるシモーヌ・ヴェーユ
 マルセイユ出発(一九四二年五月十四日)
 ニューヨーク(七月六日から十一月九日)
 ロンドン(一九四二年十二月十四日から一九四三年八月十七日)
  {自由フランス軍のもとで/イギリスの発見/亡命が果てしないものとなるとき/ミドルセックス病院(四月十五日から八月十七日)}
 アシュフォード(一九四三年八月十七日から八月二十四日)

書誌
 I 書肆および註で用いられた略記号
 II マルセイユ出発後に執筆されたシモーヌ・ヴェーユの著作
  {A マルセイユからニューヨークに向かう旅の途次/B ニューヨークにおいて/C ロンドンにおいて}
 III シモーヌ・ヴェーユにかんする研究書

原註
訳註
訳者あとがき

販売価格

1,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM