儀礼の過程 ヴィクター・W・ターナー 訳:冨倉光雄 思索社

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他



昭和57年4刷 四六判 P305 帯スレ、背から端にかけてヤケ カバー端僅イタミ 小口少ヤケ、僅汚れ

“文化的創造力としての宗教世界
社会集団内において宗教儀礼が果たす意味と機能を、アフリカの現地調査を基に明らかにし、人間の社会的結合の原型、コムニタスという視点から、歴史・社会・文化の諸現象の理解をこころみる。”(帯文)

目次:
はじめに
まえがき

第一章 生と死の儀礼における分類の次元
 {モルガンと宗教/中央アフリカにおける儀礼の研究/ンデンブ族儀礼の予備調査/イソマ/聖地の準備/薬の採集/病気なおしのプロセス/分類の構造 ―三分法//分類の構造 ―二分法/情況と分類/儀礼のシンボリズムにおける認識と存在}

第二章 ンデンブの儀礼における双子のパラドックス
 {親族と生活とにおける双子の問題 ―アフリカの実例のいくつか/ンデンブ族の双子儀礼の筋書/川の水源の行事 ―薬類の蒐集/川の水源の行事 ―流れとアーチ/村落に双子の霊所を作ること/男女両性の子授けコンテスト/男女交互の、そして、交叉イトコの応酬/親子居住のための母系相続制と夫方居住婚制との競り合い/神秘と不条理としての双子/ウブワンウに関するンデンブの見解/矢を足指に挟み片足跳びをすること}

第三章 リミナリティとコムニタス
 {通過儀礼の形式とその属性/ある任命式儀礼のリミナリティ/境界にある人たちの所属性/身分体系と対照されるリミナリティ/神秘的な危険と弱者の力/千年王国論運動/ヒッピー、コムニタスおよび弱者の力/親族関係を基盤とする社会における構造とコムニタス/リミナリティ、低い身分、コムニタス}

第四章 コムニタス ―様式と過程
 {コムニタスの諸形式/イデオロギー的コムニタスと自然発生的コムニタス/フランシスコ派の清貧とコムニタス/コムニタスと象徴的思考/フランシスコと永続的リミナリティ/厳格派と緩和派 ―概念化と構造/所有権と財産処理/啓示的なコムニタス/ベンガルのサハジーヤー運動/宗教の詩人チャイタニヤとフランシスコ/象徴派と保守派の分れ目/サハジーヤーとフランシスコ派のいくつかの類似点/ラーダー、清貧という私の妻、そして、コムニタス/ボブ・ディランとバーウルズ}

第五章 謙虚さと階級制 ―身分の昇格と逆転のリミナリティ
 {身分昇格の儀礼と身分逆転の儀礼/人生の危機における行事と年中行事/身分の昇格/身分の逆転 ―仮面の機能/身分逆転の儀礼におけるコムニタスと構造/アシャンティ族のアポの儀式/サムハインの祭、万霊節、万聖節/男と女、身分逆転、コムニタス/インドの村の“愛の祭”における身分の逆転/謙虚さの宗教と身分逆転の宗教/南アフリカの分離主義に見る身分の逆転/メラネシアの千年王国運動に見る疑似的な下級組織/身分逆転と疑似=階級組織の現代におけるいくつかの実例/身分の高い創唱者をもつ謙虚さの宗教/身分の昇格と逆転に関するいくつかの問題}

引用文献
訳者あとがき

販売価格

2,750円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM