〈子供〉の誕生 アンシャン・レジーム期の子供と家族生活 フィリップ・アリエス 訳:杉山光信、杉山恵美子 みすず書房

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 歴史 世界史


1983年5刷 A5判 P395+原注P29 カバー少ヤケ、少イタミ

“この書は、ヨーロッパ中世から18世紀にいたる期間の、日々の生活への注視・観察から、子供と家族についての〈その時代の感情〉を描く。子供は長い歴史の流れのなかで、独自のモラル・固有の感情をもつ実在として見られたことはなかった。〈子供〉の発見は近代の出来事であり、新しい家族の感情は、そこから芽生えた。
 かつて子供は〈小さな大人〉として認知され、家族をこえて濃密な共同の場に属していた。そこは、生命感と多様性にみちた場であり、ともに遊び、はたらく、学ぶ〈熱い環境〉であった。だが変化は兆していた。例えば、徒弟修業から学校化への進化は、子供への特別の配慮と、隔離への強い関心をもたらしたように。
著者アリエスは、4世紀にわたる図像記述や墓碑銘、日誌、書簡などの豊かな駆使によって、遊戯や服装の変遷、カリキュラムの発達の姿を描き出し、日常世界を支配している深い感情、mentaliteの叙述に成功している。この書は「子供の歴史への画期的寄与にとどまらず、現代の歴史叙述の最良のもの」(P.Gay)、「この本がなかったなら、われわれの分科は、より貧しいものとなったであろう」(N.Y.Review of Books)と評された。”(カバー裏紹介文)

目次:
日本語版への序
序文

【第一部 子供期へのまなざし】
第一章 人生の諸時期
第二章 子供期の発見
第三章 子供の服装
第四章 遊びの歴史に寄せて
第五章 淫らから嗜みへ
結論 子供期への二つのまなざし

【第二部 学校での生活】
第一章 中世における幼い生徒と大人の学生
第二章 新しい制度:学寮
第三章 学級の起源
第四章 生徒たちの年齢
第五章 規律の進化
第六章 通学学校から寄宿学校へ
第七章 「小さな学校」
第八章 生徒=子供の粗暴さ
結論 学校と子供期の長さ

【第三部 家族】
第一章 家族の肖像
第二章 中世の家族から現代の家族まで
結論 家族と社交性

【結論】

訳者あとがき
原注

販売価格

2,800円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM