ミュケーナイ世界 J・チャドウィック 訳:安村典子 みすず書房

1983年 四六判 P329+索引ほかP11 カバー背から端にかけてヤケ大、端少イタミ 小口汚れ 末尾数ページ開きグセ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

850円(税込)

購入数

人文・社会科学歴史世界史

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他




1983年 四六判 P329+索引ほかP11 カバー背から端にかけてヤケ大、端少イタミ 小口汚れ 末尾数ページ開きグセ

“1952年の線文字B解読の成功は、ミュケーナイ人がギリシア人の祖先であったことを実証し、シュリーマンによるトロイア遺蹟発掘にも匹敵する。考古学、古代史の画期的事件となった。それ以来、いくつかの新たな発見がなされ、二十数年に及ぶ線文字B粘土板研究が積み重ねられた結果、従来、断片的な考古学的遺蹟を通してしか知られなかった後期青銅器時代のギリシア人の姿が、いまや彼ら自身の記録にもとづいて本書に生き生きと復元されるに至った。
粘土板文書の内容は、一見したところやりきれないほど退屈な、長々しい名簿、家畜や穀物をはじめとする生産物の記録、王宮の役人が作成した会計簿などでしかない。だがこれらは、まさに真正の記録であるという点にこそ価値があるのだ。なぜなら、そこに詠まれる文字や数字は、考古学者の鋤によって掘り出された、かの見事な財宝を生み出した文明の担い手自身によって記されたものに他ならないからである。
3200年の眠りから覚めたこれら〈無名の書記の手になる文書〉はわれわれに何を語ってくれるか? 故マイクル・ヴェントリスと共に解読に携わり、線文字B研究の第一人者たる著者は、考古学の成果をもふまえつつ、社会構造、農業、青銅工業、織物生産から、宗教、奴隷、人身御供に及ぶミュケーナイ世界の諸相をここに一挙に解明する。また、史料としてのホメーロス叙事詩の信頼性を論じ、さらにはミュケーナイ諸王国滅亡の謎を大胆に推理する。これは最新の成果を盛った、興味尽きない先史時代地球かい世界の物語である。”(カバー裏紹介文)

目次:
まえがき

1 ギリシアのヘラス化
2 文書資料
3 ミュケーナイ世界の地理
4 粘土板に登場する人々
5 社会構造と行政機構
6 宗教
7 農業
8 工芸、工業、交易
9 武器と戦争
10 偽歴史家ホメーロス
11 ミュケーナイ世界の終焉

訳者あとがき
文献
索引
販売価格

850円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM