神と仏の民俗 鈴木正崇 吉川弘文館

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 宗教・民間信仰

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他


2001年 A5判 P344+索引P14 カバー少スレ、端少イタミ 扉ページ廃棄印あり

第一部では荒神神楽、第二部では仏教寺院における後戸の意味合いや摩多羅神祭祀などをとりあげ、カミとホトケをめぐる民衆の心性を探る。

目次:
まえがき

【第I部 神楽】
はじめに
第一章 荒神神楽にみる自然と人間
 第一節 荒神信仰
 第二節 大神楽
  {一 全体の構成/二 湯立と神迎え/三 神遊び/四 神殿移りまで/五 本神楽/六 龍押し/七 舞納め}
 第三節 神楽の世界観
  {一 自然界と人間界/二 神々の諸相/三 内と外}

第二章 弓神楽と土公祭文
 第一節 弓神楽
  {一 弓の作法/二 祭祀形態}
 第二節 荒神祭祀
  {一 宮座の名/二 莇原中組/三 斗升日南組/四 荒神舞/五 松崎・津口}
 第三節 神霊の世界
  {一 荒神と荘園鎮守神/二 シキ神と荒神/三 自然と人間}

【第II部 後戸】
はじめに
第一章 後戸論
 第一節 後戸の機能
  {一 歴史学からみた後戸/二 建築史からみた後戸}
 第二節 後戸の実態
  {一 古代の後戸の神仏/二 中世の後戸の神仏/三 後戸の変遷/四 近世の後戸/五 民俗の中の後戸}
 第三節 修験と後戸
 第四節 結論

第二章 摩多羅神
 はじめに
 第一節 比叡山の摩多羅神
 第二節 各地の摩多羅神
 第三節 毛越寺の摩多羅神
 第四節 日光山の摩多羅神
 第五節 多武峰の摩多羅神

あとがき

史料典拠刊行本一覧
索引

販売価格

3,200円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
※7月22日夜〜23日終日、店主出張のため、在庫確認・お手続きのご案内等、翌24日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご寛恕を賜りますようお願い申し上げます。
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM