物語について テオリア叢書 編:W・J・T・ミッチェル 平凡社

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学


1987年 A5判 P427 帯およびカバー端僅破れ、背少ヤケ

“世界を表象し構造化する〈物語〉についての学際的論集。”(帯文)

小説や劇といった狭義の「物語」だけでなく、歴史、精神分析など、社会的心理的な形成物、認識の構造の中である種の役割を演じる「物語」について、ジャック・デリダ、ポール・リクール、アーシュラ・K・ル・グインらの論考を集める。
1979年にシカゴ大学で開催されたシンポジウム「物語―シークエンスの幻想」を基としつつ、その後寄せられた批判的論評や補足的感想などを加える。

装幀:戸田ツトム

目次:
凡例
まえがき

歴史における物語性の価値(ヘイドン・ホワイト)
精神分析の対話における語り(ロイ・シェイファー)
ジャンルの掟(ジャック・デリダ)
秘密と物語のシークエンス(フランク・カーモワド)
ねじ曲げられた話 あるいは、物語、研究、シンフォニー(ネルソン・グッドマン)
小説にできること、映画にできないこと(そしてその逆) (シーモア・チャットマン)
社会劇とその物語内容(ヴィクター・ターナー)
物語の時間(ポール・リクール)
くらーい嵐の晩でした あるいは、なぜ私たちは焚火のまわりに集まるのか(アーシュラ・K・ル・グイン)

補足的感想
 {I 物語のいかに、何を、なぜ(ポール・ハーナディ)/II 言語、物語、反-物語j(ロバート・スコールズ)/III 物語の異型、物語の理論(バーバラ・ハーンスタイン・スミス)}

批判と応答
 {I 万人のための年表(ルイス・O・ミンク)/II 「変哲のない七一一」 ヘイドン・ホワイトに答える(マリリン・ロビンソン・ウォルドマン)/III 現実の出来事の物語化(ヘイドン・ホワイト)/IV 語りと語られるもの(ネルソン・グッドマン)/V バーバラ・ハーンスタイン・スミスに答える(シーモア・チャットマン)}

原注
訳者あとがき

販売価格

4,150円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM