マンデヴィルの旅 監訳:福井秀加、和田章 英宝社

ホーム

海外文学 小説・物語

人文・社会科学 宗教・民間信仰

人文・社会科学 歴史 世界史

人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

妖怪・幻獣・神話・民間伝承 西洋・その他の神話・民間伝承・怪物

1997年 四六判 P310 カバー背ヤケ、端少縛り跡、下端僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

3,800円(税込)

売り切れました

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)




1997年 四六判 P310 カバー背ヤケ、端少縛り跡、下端僅イタミ

“『マンデヴィルの旅』は、ヨーロッパ、近東、アジアへ旅した男の一人称物語で、一三五七年ころ書かれた。この作品は二部構成で、第一部(本訳書第一章―第十六章)は、聖地エルサレムへ至る巡礼の旅で遭遇する事物が一つの経路だけでなく幾つもの陸路、海路を通過する場合を想定して描かれる。聖地に関わることだけでなくイスラム教徒の習慣とスルタンが西欧のキリスト教徒の罪深きこと、その結果として十字軍遠征が失敗したと述べている話も含む。第二部(本訳書第十七章以降)は、聖地より更に当方の非キリスト教世界の奇異驚嘆の数々を描く・・・”(本書巻頭「概説」より)

邦訳としては『東方旅行記』の題名で東洋文庫からも出版されているが、準拠した写本の系統が異なっており、『東方旅行記』はエジャトン版、本書はハメリウス編集のコットン版を底本とする。

目次:
概説
プロローグ

第一章 イングランドよりコンスタンティノープルヘ
第二章 イエス・キリストの十字架と荊冠
第三章 コンスタンティノープルの市 ギリシア人の信仰
第四章 竜になったヒポクラテスの娘
第五章 キプロスからエルサレムへの道
第六章 スルタンの名前 バビロンの塔
第七章 エジプト不死鳥 バルサムを見分ける術
第八章 シシリー島
第九章 シナイ山への道
第十章 聖カタリナ教会 ベツレヘム
第十一章 エルサレム巡礼
第十二章 エルサレムの神殿 ヘロデ王
第十三章 死海とヨルダン川
第十四章 ガリラヤ地方 ナザレ
第十五章 ダマスカス エルサレムへの三つの道
第十六章 サラセン人の慣習と戒律マホメット
第十七章 鷂の城 ノアの箱舟
第十八章 ヨブの国 カルデア アマゾニア
第十九章 インド周辺の島々
第ニ十章 聖トマスの手 カラミアの偶像崇拝
第二十一章 陸と海で円形になること
第二十二章 ジャワ島と周辺の島々
第二十三章 異形の民 猿と修道僧
第二十四章 大ハーンの王宮
第二十五章 大ハーンの呼称
第二十六章 大ハーンの統治と祝祭
第二十七章 タタール族の掟と慣習
第二十八章 タルシシュ王国
第二十九章 ペルシア皇帝と暗闇の国
第三十章 カタイの彼方
第三十一章 プレスター・ジョンの王国
第三十二章 危険な谷の悪魔の首
第三十三章 アレクサンドロス大王
第三十四章 蟻の守る金山
第三十五章 鳥葬 エピローグ


『マンデヴィルの旅』参考地図について
あとがき
参考文献

販売価格

3,800円(税込)

売り切れました

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM