ラカンと洞察の冒険 現代文化における精神分析 ショシャーナ・フェルマン 訳:森泉弘次 誠信書房

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学



1990年 四六判 P298 帯およびカバースレ、少キズ、少イタミ 小口僅汚れ

“臨床家、教育者、読者としてのラカンの思想がいま本書を通してその驚くべき実践的真理と有効性を開示する。”(帯文)

目次:
謝辞
凡例

序 これからなされるべき行為
 {1 理論と実践のあいだ―わたしとラカンとの邂逅/2 隠喩《メタファ》もしくは本書の主題としてのラカン/3 本書の構造/4 洞察の盲点、またはわれわれの限界を超えて思惟すること}

第一章 読解法の革新、あるいはラカンの未曾有の教え
 {1 範例的な読解の教え/2 読解実践の理論/3 読者としてのフロイト/4 フロイト以後}

第二章 ポウの場合 ―精神分析の応用と内包
 {1 ポウ=詩的《ポウエティック》効果―文学的症例史/2 精神分析的アプローチの諸例 (ジョウゼフ・ウッド・クルーチ―イデオロギー的心理学または規範的評価のアプローチ/マリー・ボナパルト―臨床心理学的診察のアプローチ/ラカン―テクストそのものを問題化するアプローチ)/3 ポウ詩的《ポウエティック》分析法}

第三章 精神分析はどこがちがうのか、またはフロイトの独創性
 {1 分析的対話、もしくは二路的立ち帰り/2 精神分析の独創性/3 第一の分析―さいしょの手順/4 新しい自己再帰様式/5 新しい科学性モデル/6 科学の症状/7 フロイトのコペルニクス的革命/8 楕円形的〔=省略法的〕必要性 }

第四章 精神分析と教育 ―有限なものと無限なものとを教える教育
 {1 教育学批判とは何か/2 分析者としての修業訓練/3 知/4 無知/5 交換しえないものの効用/6 対話的学習、または洞察の分析的構造/7 知を有していると信じこまれている主体/8 教育分析―果てしなき課題/9 文学的ジャンルとしての教えること}

第五章 エディプスを超えて ―精神分析の標本物語
 I {1 分析上重要な説話《ナラティブ》とは何か/2 エディプス・コンプレックスの複合性《コンプレクシティ》}
 II {1 臨床的出来事/2 投映/とり入れ―臨床的介入/3 差異導入の物語/4 分析的発語《パロール》行為/5 分析家の責任、あるいは解釈の機能/6 無意識は他者の言説《ディスクール》である}
 III {1 文学的参照項目―エディプス王/2 エディプスを超えて―コロヌスにおけるエディプス/3 コロヌスにおけるフロイト/4 コロヌスにおけるラカン/5 コロヌスにおける精神分析/6 コロヌスを超えて―真理と科学、あるいはまだ語られていないこと}

原注
訳注
訳者あとがき―ラカンの思想への道案内をかねて

販売価格

4,800円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM