現代東欧文学全集1 ノンカの愛・他 恒文社

カテゴリー : ホーム 海外文学 小説・物語


昭和42年 四六判 P493 函カバースレ、汚れ、端破れ多 本体ビニールカバーヤケ、少イタミ 月報ヤケ

“変わりゆく社会を、悲劇的な愛の別れを通してうたう初のブルガリア文学集
新しい農村を夢みて激しく生きるノンカは、復縁を迫る夫に妖婦じみた顔を見せて夜の雨の中へ消えていく。牧歌的な「ノンカの愛」他”(函カバー紹介文)

“「ノンカの愛」は牧歌的というべきものではなかろうか。世界の文学の多くがこれをどこかへおき忘れてきているもののようであり、これがわれわれに郷愁を感じさせる。牧歌といえば、このノンカという存在がそれである。彼らがもつ自由の意志とは、この地域で四方の強敵と頑強に闘いつづけてこさせたもの、つまり彼らの心身の根源のところに息づいている生命の本能の如きものから発している。「桃泥棒」はみごとな短編だ。呪うべき戦争への怒りがこの作品を強いものにしている。「桃泥棒」は殆ど救いがたいほど悲劇的だ。 ―阿部知二《わたしの作品論》より―”(函カバー裏文)

目次:
英雄と詩人の国ブルガリア(松永緑弥、矢代和夫)

ノンカの愛(ペトロフ 訳:松永緑弥)
愛の終り(カルチフ 訳:矢代和夫)
桃泥棒(スターネフ 訳:松永緑弥)

わたしの作品論(阿部知二)

販売価格

700円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM