文庫クセジュ829 言語政策とは何か ルイ=ジャン・カルヴェ 訳:西山教行 白水社

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

カテゴリー : ホーム 文庫、新書、選書 文庫クセジュ



2000年 新書判 P167+索引ほかP7 末尾ページから裏表紙にかけて下端僅凹み

“「国語」や「標準語」は、どのようなメカニズムから作りだされるのか? 本書は、社会言語学の分野で二十世紀後半に誕生をみた言語政策という新しい考えを紹介し、その科学的実践方法を具体的に詳しく解説することで、言語と社会の関係を考察するための明快な視座を提供する。多言語主義やクレオール文化を考えるためにも必読の書。”(カバー裏紹介文)

目次:
第一章 言語政策の起源
 {I 概念の誕生とその適用範囲/II ハウゲンの第一モデル/III 道具主義的アプローチ ―P・S・レイとV・タウリ/IV ハウゲンの第二モデル/V ネイティヴ社会言語学の貢献}

第二章 多言語状況の類型化
 {I ファーガソンとスチュワート/II フェイソルドの提案/III ショダンソンの一覧表}

第三章 言語計画の道具
 {I 言語の装備/II 言語環境/III 言語法}

第四章 一言語への働きかけ(コーパス)
 {I 中国における「国語」の問題/II 語彙と綴字法への介入―フランス語のケース/III マリにおけるバンバラ語アルファベット化の定着/IV トルコにおける「言語革命」}

第五章 諸言語間の関係への働きかけ(ステータス)
 {I 媒介言語の振興 ―タンザニアのケース/II 少数言語の振興 ―インドネシアのケース/III スイスにおける言語の平和/IV 言語の国際的ステータスの擁護 ―フランス語のケース/V 植民地言語の置き換え ―マグレブにおけるアラブ化の開始}

結論
解説(三浦信孝)
訳者あとがき
参考文献
索引

販売価格

600円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM