善悪の彼岸 道徳の系譜 ニーチェ全集11 訳:信太正三 ちくま学芸文庫

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学

カテゴリー : ホーム 文庫、新書、選書 ちくま文庫・ちくま学芸文庫



1993年 文庫判 P632+26 カバー少ヤケ、少汚れ、端少イタミ

“大きな期待をもって世におくりだした『ツァラトゥストラ』の不評に心を痛めるニーチェ。『善悪の彼岸』は誤解と歪曲から自己の思想を救う意図をこめて、その一種の註釈書として著された。本書では、19世紀ヨーロッパの道徳と宗教の価値が厳しく問われ、いわゆる〈客観性〉〈歴史的感覚〉〈科学性〉〈同情〉という近代的信仰の対象物が鋭い批判のメスで解剖されている。ニーチェの哲学の円熟期を代表する重要な著作の一つである『善悪の彼岸』、その終楽章ともいうべき『道徳の系譜』の二作品を収録する。”(カバー裏紹介文)

目次:
凡例

【善悪の彼岸】
序言
第一章 哲学者の先入見について
第二章 自由なる精神
第三章 宗教的なるもの
第四章 箴言と間奏曲
第五章 道徳の博物学について
第六章 われわれ学者たち
第七章 われわれの徳
第八章 民族と祖国
第九章 高貴とはなにか
高峰より ―後歌―

【道徳の系譜】
序言
第一論文 「善《グート》と悪《ベーゼ》」、「よい《グード》(優良)とわるい《シュレヒト》(劣悪)」
第二論文 〈負い目〉、〈良心の疚しさ〉、およびその類いのことども
第三論文 禁欲主義的理想は何を意味するか?

訳註
解説
編者追記
索引

販売価格

750円(税込)

購入数
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM