詩歌星霜 ―王朝より現代への架橋― 塚本邦雄 花曜社

昭和57年 四六判 P273 ビニールカバー僅イタミ 帯少波打ち 天僅イタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

850円(税込)

購入数

国内文学評論・エッセイ

国内文学詩・短歌・俳句ほか短歌・俳句

国内文学古典文学(近世以前)

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・国内幻想文学・芸術・評論塚本邦雄




昭和57年 四六判 P273 ビニールカバー僅イタミ 帯少波打ち 天僅イタミ

“私がこの一巻の著で、終始訴へ続けてゐるのはただ、詩歌と呼ぶ言語宇宙の全き調和であり、詩歌を愛し、これの創作に懸ける人人が、狭量な、詩形別の自治領内にたてこもつて、互に孤立することを排する、その一事に他ならぬ。(本書「跋」より)”(帯文)

目次:
【I 日本詩歌論 ―古今集時代より昭和黄金時代へ】
テキスト

古今・新古今から芭蕉·蕪村へ
 {古今和歌六帖・王朝歳時記―六百番歌合・情熱と秀抜の詞華―芭蕉と新古今・保田與重郎の後鳥羽論・芭蕉と後鳥羽院他―新古今を抜ける淒じさ―蕪村・ロマネスクの美}

明治の文芸ルネッサンス
 {新古今以後・和歌の暗黒時代―「明星」の華麗と衰退―根岸短歌会・「アララギ」の誕生―新体詩の影響―木下杢太郎の影響―『赤光』・萬葉調・永遠の中の今―写生の主張と実作の間・茂吉の歌の謎と技巧―晶子の叙景歌―数詞の妙}

明治の文芸ルネッサンス(承前)
 {『みだれ髪』・晶子と蕪村・本歌取りとは・晶子の恋歌と語法―『相聞』・晶子より鉄幹・「明星」の魅力と限界・通俗美学―『桐の花』・外来語の美学・修辞と感覚・繊細の極致・中野重治の白秋批判}

昭和黄金時代
 {小林秀堆訳ランボーの影響・韻文経験なき現代詩―日本浪漫派・伊東静雄―現代詩の先駆・山村暮鳥、西脇順三郎、安西冬衛―ランボーと茂吉のコレスポンダンス―四Sの俳諧性と短歌性―茅舎、波郷、草田男の感覚と技法―新興俳句の偉才・三鬼、赤黄男―楸邨、蛇笏、多佳子等の個性―栄光の断
崖・昭和十五年刊行の歌集他―『新風十人』・短歌の青春と時代への抵抗・佐美雄、哲久、佐太郎―昭和のアポカリプス・史―戦揚の青春詠・柊二―太平洋戦争へ、断崖の花}

【II 現代短歌出門 ―詩歌に未来はあるか】
よみ人知らす
 {歌の無署名性―藤の花房・茂吉の子規評価―浦の苫屋・茂吉の定家鑑賞―よみ人知らず―署名尊重の怪―滅び行く短歌―梁塵秘抄・閑吟集―現代の歌謡 「君が代」と「さくら」―はかなさに賭ける―日本語の正統を守る―投節・田植草紙}

短歌出門
 {〈むべ〉と〈あけび〉―現代短歌の矛盾・死語と詩語―短歌入門書の虚妄―短歌出門のすすめ―韻文なき散文の虚妄―教養の不可欠性―虚無への賭―幻想歌人茂吉―短歌出門即入門}

歌のヴァカンス
 {東大寺再建と新古今和歌集―東大寺落慶供養と昭和萬葉集―オケイジョナルポエム―詩歌の帝王の空位―歌の永遠の休暇―古典の不在ガラス―ガラスケースの中の芸術}

跋 調和の幻想
販売価格

850円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM