鬼の系譜 わが愛しの鬼たち 中村光行 五月書房

1993年新装版 四六判 P253 帯スレ多、端僅破れ カバー端スレ 小口少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

850円(税込)

●出張のお知らせ●
11月9日(木)の日中は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

人文・社会科学宗教・民間信仰

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他

妖怪・幻獣・神話・民間伝承日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪



1993年新装版 四六判 P253 帯スレ多、端僅破れ カバー端スレ 小口少汚れ

“鬼を愛してやまない著者が、鬼の食生活、怨念、エロチシズム、吉凶、世界の鬼等、鬼の暮らしと知られざる真相を詩人の目で解く。”(帯文)

説話、文芸、芸能、宗教、俗信など、鬼にまつわるさまざまなエピソードをテーマごとに紹介。

目次:
【プロローグ 愛しき鬼たち】
梅干しになった鬼/化粧品を欲しがる鬼/蟹好きな鬼のなれの果て/おしゃべりな鬼/優しき姫鬼

【第一章 鬼の食生活】
ブドウと筍と桃
 {日本最古の鬼は黄泉津醜女/桃は邪気を払う果物/“桃太郎”はなぜ桃太郎か/鬼が島の舞台裏に道真の涙}
鬼の健康食
 {鬼に一番売れる商品とは/豆腐屋は鬼にご用心!/豆腐で腫れや湿疹が治る!?/節分の鬼が人妻に一目惚れ/豆撒きの“豆”には〈厄〉がある/「福は内、鬼も内」/鬼の強さは眼の数でわかる/方相師の面は鬼を追い出す役目}
味噌と鬼
 {貧乏神は鬼の仲間/なぜか福の神と化した貧乏神/貧乏神と知り合った男が聞き出した話/貧乏神を追い出す〈送窮の式〉/“鬼味噌”は月に1度だけ}

【第二章 地獄の鬼】
地獄から帰ってきた人々
 {亡き妻はあの世で再婚/“閻魔帳”は罪業の記録簿/血も涙もある間魔大王の裁定/「父が油釜に入れられた!!」/地獄と現世は往来できる/〈地獄街道〉はどこにあるか}
地獄の責め苦は果てなくつづく
 {そこに地獄が…/火炎樹の面積は七五○平方メートル/地獄の一日は人間界の九〇〇万倍の長さ/八大熱地獄と八大寒地獄/責め道具はすべて鉄製/黄泉の国と地獄は異質の世界/供養されない霊が“餓鬼”に/友が茶漬けを食べない理由/再び生まれるための手続き}

【第三章 怨念とエロチシズム】
安達ケ原の鬼婆
 {裏切られたのは老婆/福島県安達ケ原に伝わる鬼婆伝説/約束を破る男に罪はないのか/赤児の生き肝欲しさで鬼に}
女が鬼と化すとき
 {般若面は女の怨霊を具象化/焼きもち女は〈角〉を出す/離縁された女が丑の刻詣/羞恥の鬼、六条御息所/〈静〉があらわす怨みの深さ/恋する男を焼き溶かす愛/男が鬼に化けるとき}
鬼の情愛と性
 {夜叉の妻になった女/男色の鬼/人間の女に子を孕ます鬼/鬼のセックス}

【第四章 鬼退治の残虐性】
酒顚童子と茨木童子
 {酒が生命とりとなった酒顚童子/酒顚童子の断末魔が意味するもの/片腕を斬り落とされた羅生門の鬼/茨木童子は元・床屋の小僧/鬼の指は三本指/“童子”は罪人/〈おかっぱ髪〉は山内労働者の証}
前鬼・後鬼
 {鬼の髪を切り怪力を封じる/わが子の死骸を食べた夫婦/〈人の肉を食す〉ことは〈人を料理する〉より残酷か/前鬼の正体は天狗と山伏!?}
鬼の口惜しさ
 {鬼退治は果たして正義か/鬼にも襲う理由がある/凋落する者と出世する者/鬼追放は征服側の驕りの産物}

【第五章 宗教における利用価値】
中国の鬼
 {姿は見えず毒を吹きつける/道教の鬼神は天地万物の諸霊/死霊を鬼神とする儒教/仏教伝来で、一挙に鬼が跋扈/『飜梵語』の鬼は六十六匹/儒教の鬼神と仏教の鬼神はどこが違うか/布教に役立つ鬼の存在}
日本の鬼
 {日本の鬼はなぜ非人問的か/鬼の退散は劇的効果を狙う/今昔物語 にみる仏教普及の方法/極度の残酷性に批判の声/信仰心の欠如は鬼になる}
ヨーロッパの鬼
 {死体をむさぼる食屍鬼/吸血鬼の正体/キリスト教が説く吸血鬼像/なぜ“にんにく”と“十字架”が効くのか}

【第六章 吉凶を導く鬼】
屋根瓦の知恵比べ
 {恋女房が原因不明の病いに/鬼瓦を睨む鍾馗の瓦/鍾馗は鬼より強い}
魔除けと民間伝承
 {干瓢でこしらえた鬼の面/“下の口”は鬼を食べるもの!?/左右一対は鬼を畏怖させる/神社に狛犬がある理由/鬼を威す方法/病気は鬼の仕業/十二支の病鬼を避けるには}
豊作祈願の鬼文化
 {農業と結びついた祭りの鬼/村人たちがエネルギーを爆発させるとき/「鬼さん、長居は困ります!!」

【第七章 雷神と風神】
雷神と鬼
 {八はしらの雷神/怨念が雷を起こした!?/雷が太鼓とをもっている理由/中国流雷の解釈/雷公の代役をつとめた男}
風邪と風神の関係
 {風神はイザナギの息子/伝染病が蔓延する時代背景/“風邪は風が運んでくる”
販売価格

850円(税込)

●出張のお知らせ●
11月9日(木)の日中は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夕方以降にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM