間主観性の現象学 その方法 エトムント・フッサール 監訳:浜渦辰二、山口一郎 ちくま学芸文庫

ホーム

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

文庫、新書、選書 ちくま文庫・ちくま学芸文庫

2012年 文庫判 P552+索引P6

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

900円(税込)

購入数



2012年 文庫判 P552+索引P6

“フッサール現象学の主要概念「間主観性」をめぐるテクストを精選、初めて一冊に集成する。「間主観性」とは、主観(私) と主観(他人)の「間」にあって、主観や客観を基にしては本質を捉えられない「現象」をいう。観念論や唯物論を超え、事象そのものを捉えるためのキー概念である。それは現代哲学の大きな潮流「他者」論の成立を促した。現象学の中心課題であり、フッサールが生涯追い続けたテーマであった。その問題圏は、現象学的還元、精神科学、時間論、生活世界などへと広がり、諸学の地平を拓いた。待望の本邦初訳。これまでにない明解な訳文で現象学への新たな扉が開かれる。”(カバー裏紹介文)

目次:
まえがき
凡例

【第一部 還元と方法】
一 現象学の根本問題
二 純粋心理学と現象学 ―間主観的還元
三 現象学的還元の思想についての考察
四 現象学的な根源の問題
五 『デカルト的省察』における間主観性の問題について
原注・訳注

【第二部 感情移入】
六 感情移入に関する古い草稿からの抜粋
七 感情移入 一九○九年のテキストから
八 「感情移入」と「類比による転用」の概念にたいする批判
九 本来的な感情移入と非本来的な感情移入
一〇 「内的経験」としての感情移入 ―モナドは窓をもつ
原注・訳注

【第三部 発生的現象学 ―本能・幼児・動物】
一一 脱構築による解釈としての幼児と動物への感情移入
一二 他のエゴと間主観性における現象学的還元
一三 構成的発生についての重要な考察
一四 原初性への還元
一五 静態的現象学と発生的現象学
一六 世界と私たち ―人間の環境世界と動物の環境世界
一七 幼児 ―最初の感情移入
原注・訳註

解題
訳者解説(浜鍋辰二)
索引

販売価格

900円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM