自由の哲学 ルドルフ・シュタイナー 訳:高橋巌 ちくま学芸文庫

ホーム

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

文庫、新書、選書 ちくま文庫・ちくま学芸文庫

2010年6刷 文庫判 P314

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

600円(税込)

購入数



2010年6刷 文庫判 P314

“「外なる世界と内なる世界、外なる法則性と内なる道徳性との間に横たわる深淵は、ただ自由な魂だけがこれに橋をかけることができる」(本書「あとがき」より)。刊行後100年以上経つ現在も、まばゆい光芒を放ち続ける、シュタイナー全業績の礎をなしている認識論哲学。社会の中で否応なしに生きざるを得ない個としての人間は、個人の究極の自由をどこに見出すことができるのか。また、思考の働きは人類に何をもたらすのか。シュタイナー四大主著の一冊。”(カバー裏紹介文)

目次:
一九一八年の新版のためのまえがき
初版の第一章 あらゆる知識の目標

【第一部 自由の哲学】
第一章 人間の意識的行為
第二章 学問への根本衝動
第三章 世界認識に仕える思考
第四章 知覚内容としての世界
第五章 世界の認識
第六章 人間の個体性
第七章 認識に限界はあるのか

【第二部 自由の現実】
第八章 人生の諸要因
第九章 自由の理念
第一〇章 自由の哲学と一元論
第一一章 世界目的と生活目的 ―人間の使命
第一二章 道徳的想像力 ―ダーウィン主義と道徳
第一三章 人生の価値 ―楽観主義と悲観主義
第一四章 個と類

【第三部 究極の問いかけ】
第一五章 一元論の帰結

付録
訳者あとがき
文庫版のための訳者あとがき

販売価格

600円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM