江戸の身体を開く 叢書メラヴィリア タイモン・スクリーチ 訳:高山宏  作品社

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 歴史 日本史

カテゴリー : ホーム 自然科学 自然科学史

カテゴリー : ホーム 江戸の文化・風俗


1997年 A5判 P347 帯少僅汚れ、背上端僅イタミ カバーヤケ、時代シミ多 小口波打ち

“解剖=「切り開くこと」の衝撃! 人体解剖から見た江戸文化論。”(帯文)

“解体新考!
「解剖=人の身体を切って調べること」を高らかに謳いあげて『解体新書』は上梓された。蘭医とは即ち「切る医者」であり、江戸の人々は死体を切り、生身の人間を切る「切る医術」へのスプラッタ・ホラーじみた好奇心と怖れを隠さない。「全体として生きて在ること」を捉えようとする日本の知と、「切って中身をさらし、くまなく光をあて」ようとするヨーロッパ近代知の出会い。「解剖」から見た気鋭の江戸文化論!”(帯裏紹介文)

目次:
序 アクセスの図像学

第一章 刃
 人斬りは、はや時代遅れ/人々は刃に異国を見た/鋏、花、そーて人体/舶来の鋏/ブルータルな魅力/箱と折りたたみナイフと

第二章 身体を切る
 外科と外科道具/オランダ医学/切る医者

第三章 さらされる身体
 人間は一個のプロセス/西洋の絵のインパクト/彼らは本当に切ったのだろうか/解剖と権力

第四章 つくられていく身体
 骨のある話/内外真偽、それ条件次第也/「食物合戦」のメタフォリックス/オランダ料理、切られる食材/内に身体ができる

第五章 身体と国家
 手/身体地理学/解剖と旅行/循環/身体は世界に開かれる

エピローグ
結び


図版一覧
写真提供

販売価格

3,450円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
3月25日の午前中は店主外出のため、在庫確認・お手続きのご案内等、午後にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM