革命について ハンナ・アレント 訳:志水速雄 ちくま学芸文庫

ホーム

人文・社会科学 思想・哲学・社会学

文庫、新書、選書 ちくま文庫・ちくま学芸文庫

2003年6刷 文庫判 P478 カバー僅イタミ、袖および内側セロテープ跡 ページ数ヶ所に薄く鉛筆引き線消し跡(筆圧痕)

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

650円(税込)

購入数



2003年6刷 文庫判 P478 カバー僅イタミ、袖および内側セロテープ跡 ページ数ヶ所に薄く鉛筆引き線消し跡(筆圧痕)

“戦争とならんで現代史を色濃く特徴づける革命とはいったい何だろうか? 「社会問題」の解決がその目的だろうか? 革命によって生まれた政治体はなぜ安定した永続性をもたなかったのか? その意義は果たして過去のものとなったのだろうか? 本書でアレントは、主としてアメリカ独立革命とフランス革命の経験を比較・考察し、自由が姿を現わすことのできる公的空間を保障する政治体の創設として前者を評価する。政党制や代表制ではなく、ある社会の全成員が公的問題の参加者となるような新しい統治形態がその時そこで始められたのである。忘れられた革命の最良の精神を20世紀政治の惨状から救い出す反時代的考察。”(カバー裏紹介文)

目次:
凡例
感謝のことば

序章 戦争と革命
第一章 革命の意味
第二章 社会問題
第三章 幸福の追求
第四章 創設(1) ―自由の構成
第五章 創設(2) ―時代の新秩序
第六章 革命的伝統とその失われた宝

訳者あとがき
解説(川崎修)

販売価格

650円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM