海・呼吸・古代形象 三木成夫 うぶすな書院

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 思想・哲学・社会学

カテゴリー : ホーム 自然科学 読み物・エッセイ


1992年 A5判 P236 帯シミ汚れ、背ヤケ大、上端僅破れ 小口汚れ

解剖学・発生学から出発し、生命の歴史と個としての形態に関わる独創的な生命観を提唱した三木成夫の論集。

“<こころ> とわたしたちが呼んでいるものは内臓のうごきとむすびついたあるひとつの表出だ。また知覚と呼んでいるものは感覚器官や、体壁系の筋肉や、神経のうごきと、脳の回路にむすびついた表出とみなせばよい。わたしはこの著者からその示唆をうけとったとき、いままで文字以後の表現理論として展開してきたじぶんの言語の理念が、言語以前の音声や音声以前の身体の動きのところまで、拡張できると見とおしが得られた。―吉本隆明(解説より)”(帯文)


目次:
―海
 母性の進化―生物学からみた一つの序章

―呼吸·睡眠,排泄
 呼吸の歴史―ヒトの呼吸とそのこころ
 仕事は息抜きの要領で
 呼吸のリズム ―肺呼吸の自然誌より
 海と呼吸のリズム
 半健康というものの奥にある慢性覚醒不全
 からだの不調 ―「朝食拒否」の生物学
 「排泄」に関する試論

―生命記憶
 生命記憶と回想
 胎児の世界のこと
 “いのち”について.
 内臓の感受性が鈍くては世界は感知できない
 南と北の生物学
 「随想」
  {恩師小川鼎三先生/浦良治先生に捧ぐ/西成甫先生を偲ぶ}

―形態
 古代形象について
  {I 奇型心と太古の魚/II 血管発生/III 故郷の海の夢}
 “らせん”について
  {I 小川鼎三教授の隠された業績/II 心臓神経のねじれの出来かた/III ねじれにはどんな意味があるのか}
 動物的および植物的 ―人間の形態学的考察

解説(吉本隆明)

販売価格

2,000円(税込)

売り切れました
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM