闘う衣服 小野原数子 水声社

2011年 A5判 P384 帯破れ、セロテープ跡

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,850円(税込)

●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

人文・社会科学言語学・記号学・メディア論

文化・風俗・サブカルチャー文化・風俗



2011年 A5判 P384 帯破れ、セロテープ跡

叢書・記号学的実践

“《私とは誰か》という根元的な問いと《戯れる》
今日のファッションの多様な様相を、日本のモード雑誌のなかに、そしてヴィヴィアン・ウェストウッドの諸作品、女子プロレスのコスチューム、ゴシックロリータ・ファッションのなかに探る、記号学的モード研究の新しい成果。”(帯文)

「ファッション」「衣服」といった文化を記号学的に考察した論文13篇(「序論」「結論にかえて」含む)を収録。第I部で日本のファッション雑誌、第II部でヴィヴィアン・ウェストウッド、第III部でプロレスラーのコスチューム、第IV部でゴシックロリータをテーマとして扱う。

目次:
はじめに
序論 人間は衣服を着る動物である


 1 ファッション雑誌の読み方 ロラン・バルト「書かれた衣服」を通して
 2 ファッション雑誌で「日本」を読む 『ヴァンサンカン』の場合

II
 3 コレクションを読む ヴィヴィアン・ウェストウッドの方法
 4 コレクションとストリップ・ディーズ 服なのか体なのか
 5 アングロマニア ファッションのなかのナショナル・アイデンティティ

III
 6 服を着て闘う 女子プロレスラーのコスチューム
 7 女子プロレスとポルノグラフィ
 8 プロレスを作った男のコスチューム 力道山の黒いタイツ
 9 闘う着せ替え人形 広田さくらのコスプレ・プロレス

IV
 10 ゴシックロリータの羞恥心 生パン撲滅運動
 11 ゴシック・わたし・ロリータ ふわふわの訳

結論にかえて ファッションとしての日本 「ファッショナブル」の現代的考察


あとがき

販売価格

2,850円(税込)

●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
売り切れました

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM