キーツとロマン派の伝統 ―美の象形文字とその幻想性― 水之江有一 北星堂書店

ホーム

海外文学 評論・エッセイ

幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ その他海外幻想文学・芸術・評論

昭和54年 A5判 P409 函ヤケ、クスミ 本体ビニールカバー上端僅キレ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

2,450円(税込)

購入数


昭和54年 A5判 P409 函ヤケ、クスミ 本体ビニールカバー上端僅キレ

目次:


緒論 ロマン派の詩的空間領域
 I 「想像力の網」と「美の象形文字」 ―キーツにおける「詩」と「人間の苦闘」
 II 思考の形象化としての言語 ―コールリッジの詩の基準
 III 「ニューイマイア・ヒギンボトム」氏の諷刺 ―詩人の事故と形象
 IV 「詩のなかの詩」とその展開 ―視空間と知恵

第1章 「詩的霊感」と感受性の文学 ―ミルトンとキーツの間隙
 I 「美」と「真理」の命題 ―詩空間の基盤
 II 「学問の共和国」と「暗黒の王国」 ―「マーティナス・スクリプレールス」氏とその後裔
 III 「聖なる人間性」と外なる自然
 IV 悪魔と自然と人間 ―「自然の学舎」

第2章 「詩的狂気」と妖精的手法 ―美徳と悪徳の谷間
 I 「楽しい妄想」か「偽りの炎」か ―アディソンによる「審美的自由の観念」
 II 「想像力の喜び」 ―エイケンサイド
 III 怠惰の観念と「想像力の詩」 ―トムソン
 IV 「自然を愛する者たち」 ―ウォートン兄弟とその仲間

第3章 創意と想像力 ―「詩想の進展」
 I 「叙景と寓意」 ―コリンズにおける過去と現在
 II 「自然の鏡」としての芸術 ―コリンズにおける観念と空想
 III 「吟唱詩人」 ―「知者のみに解される言葉」とグレイ
 IV 「理性」と「想像力」の寓話 ―スマートの論理

第4章 詩空間と実在の認識 ―「野に咲く百合」とキーツの「思考の旅路」
 I 崇高なる自我と美の感覚 ―「思考なき思考」
 II 冬に向けて、消えゆくばらの意識 ―「乙女の部屋」
 III 幸福への階梯 ―「魂」と「愛」の寓話
 IV 「美の原理」と「成熟の論理」 ―1819年のキーツ

付章 燈火の消えるとき ―「知の原理」


書誌
年表
あとがき
索引

販売価格

2,450円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM