幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶 【新装版】 川村邦光 青弓社

ホーム

人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論

人文・社会科学 歴史 日本史

自然科学 自然科学史

現代文化・風俗・サブカルチャー 文化・風俗

現代文化・風俗・サブカルチャー 呪術・占術・オカルトサイエンスほか

妖怪・幻獣・神話・民間伝承 日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪

1997年新装版1刷 四六判 P214 カバーおよび小口少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,600円(税込)

購入数



1997年新装版1刷 四六判 P214 カバーおよび小口少汚れ

“近代化との相克のなかであぶりだされた「血税一揆」「トラホーム」「狐憑き」「座敷牢」などさまざまな「事件」に投影された民衆の心性・コスモロジーの変容と、国家による「死の共同体」へと統合されていく過程を透視する転換期の精神史。”(カバー紹介文)

目次:
はじめに―厄災の「民俗」あるいは歴史の記憶から出立

【I 〈迷信〉と感情教育】
1 「血税一揆」の民俗的心性 {「血取り」「膏取り」の流言/「血税一揆」の生成/「血取り」のフォークロア/〈異人〉のフォークロア/〈異人〉の再生}
2 トラホームと感情教育 {文明開化と〈迷信〉/〈迷信〉のあぶりだし/病いと衛生/トラホームの出現/「迷信を避けよ」/感情教育への水路}

【II 狐憑きから「脳病」「神経病」へ】
1 狐憑きの民俗 {狐憑きの報道/近世の狐憑き論/生活世界での狐憑き/民俗治療と処遇}
2 精神医学の狐憑きへの視線 {狐憑きのフィールドワーク/ベルツの狐憑き論/呉修三の狐憑き論/門脇真枝の狐憑き論}
3 「脳病」「神経病」のイデオロギー {「脳病」「神経病」の来歴と流布/感覚・知覚の変容/「脳病」「神経病」薬の効能/「脳病」「神経病」の通俗化/イコン}

【III 座敷牢と幻視する霊魂】
1 座敷牢の生産 {相馬事件と「精神病者監護法」/座敷牢の実態/座敷牢のフォークロア}
2 狐憑きから妄想へ {狐憑きの試練/「芦原将軍」の闘争/「妄想」考/パロディスト「芦原帝」}
3 出口なおの近代/日常性批判 {霊魂の覚醒/死と再生の空間/世の立替え/みたまの立替え/水晶のみたま/メディアとしての自己組織化}

【IV 近代日本と霊魂の行方】
1 位牌の漂泊 {「家殺し」の時代/祖先教の登場/先祖の再発見}
2 霊魂の近代 {日露戦争と心の交通/遊離魂の前線への逃亡/靖国教の霊魂管理/忠魂祭祀と人神思想/霊魂の記号化/先祖供養と民衆救済/死者との共存-共闘}

あとがき

販売価格

1,600円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM