地獄論 笠原伸夫 大和書房

1972年初版 四六判 P239 カバースレ多、イタミ、内側時代シミ 本体表紙時代シミ 小口からページ端にかけてヤケ、シミ汚れ 裏遊び紙剥がし跡 目次ページイタミ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

650円(税込)

購入数

国内文学評論・エッセイ

国内文学古典文学(近世以前)

人文・社会科学宗教・民間信仰




1972年初版 四六判 P239 カバースレ多、イタミ、内側時代シミ 本体表紙時代シミ 小口からページ端にかけてヤケ、シミ汚れ 裏遊び紙剥がし跡 目次ページイタミ

日本の古代から現代までの文学、仏教説話、伝承などを例に挙げ、そこに見られる宗教観、他界観、死生観、その他諸々の心性について考察する評論集。

“地獄、それはこの日常性の深奥にひらいた無明の暗部の謂なのだ。日常性とは、習慣と忘却とに支えられたいかにも平凡な流れといえるだろうが、しかしその皮膜一枚下にはどのような暗渠が掘られているか、だれもわからない。わたしが企図する〈地獄論〉とは、あの陰陰たる冥界をめぐる形而上学的分析のことではなく、陰陰たる冥界と等価の、いやそれよりもさらに激しい人間世界への透視図のことである。地獄を論ずることは人間を論ずることと同じであり、人間によって放たれた幻視、夢象、悪徳、その他もろもろの雑念のことでもある。”(本書『結語にかえて』より)

目次:
闇から紡ぐ思惟 地獄の発見
蒼ざめた夢象 日本悪霊考
夜の底に蟠踞するもの 変身論
地獄をみた人間たち 平家物語
地獄の見者
死と鎮魂 近松
暗冥の意識 戦後文学
存在の最深部へ 結語にかえて
販売価格

650円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM