東洋建築の研究 上下2巻揃 伊東忠太 龍吟社

昭和20年再版 A5判 口絵P83+凡例P2+目次P14+P594、口絵139+凡例P2+目次P15+500 各巻ヤケ、時代シミ、イタミ、ページ少開きグセ 上巻カバー下端少欠損

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

11,500円(税込)

購入数

美術・建築・デザイン建築





昭和20年再版 A5判 口絵P83+凡例P2+目次P14+P594、口絵139+凡例P2+目次P15+500 各巻ヤケ、時代シミ、イタミ、ページ少開きグセ 上巻カバー下端少欠損

目次:
―上巻―
【支那建築史】
緒言
第一章 総論
 第一節 支那建築の位置
 第二節 外人の観たる支那建築
 第三節 支那建築研究の方法
 第四節 支那の国土 ―地理
 第五節 支郡の国民 ―歴史
 第六節 支邪建築の史的分類
 第七節 支那建築の特性 {其の一 宮室本位/其の二 プラン/其の三 外観/其の四 装折/其の五 装飾文樣/其の六 色/其の七 材料と構造}
第二章 前期
 第一節 有史以前
 第二節 周 {共の一 総説/其の二 壇廟/其の三 都城及び宮室/其の四 陵墓/其の五 建築裝飾及び文樣}
 第三節 秦 {其の一 総説/其の二 遺蹟}
 第四節 漢 {其の一 総説/其の二 宮室/其の三 陵/其の四 廟祠及び道観/其の五 佛寺/其の六 碑碣及び瓦甎/其の七 漢代建築の細部/其の八 装飾文樣}
第三章 後期
 第一節 六朝時代 {其の一 序説/其の二 宮室/其の三 佛寺/其の四 道観/其の五 陵墓/其の六 装飾文樣/其の七 六朝時建築の性質}

【清国北京紫禁城殿門の建築】
緒言
第一章 北京城の沿革 {其の一 遼都/其の二 金都/其の三 元都/其の四 明都}
第二章 現今の北京城 {其の一 外城/其の二 内城/其の三 皇城/其の四 紫禁城}
第三章 紫禁城内の九重殿門{甲 外朝/乙 内廷}
第四章 明清建築の通性
第五章 明清建築の異同
第六章 明清建築の長所と短所 {甲 長所/乙 短所}
第七章 日本建築と明清建築との歴史的関係 {甲 奈良朝建築との関係/乙 平安朝建築との関係/丙 鎌倉室町時代の建築との関係/丁 桃山江戸時代の建築との関係}
第八章 明清建築の由来

【北清建築調査報告】
緒言
第一 明陵
第二 居庸関
第三 宣化府の鐘樓及び玉皇閣
第四 張家口の長城
第五 新懐安の昭化寺
第六 天鎮の慈雲寺 附・文廟
第七 陽高の昊天閣及び文廟
第八 大同の大華巌寺
第九 大同の善化寺
第十 雲岡の石佛寺
第十一 應州の八角五重塔
第一二 五臺山
第一三 曲陽の北嶽廟及び塔
第一四 定州の塔及び文廟
第五 結尾

【満州の仏寺建築】
緒言
第一章 各地方に於ける仏寺の記載 {其の一 熊岳城/其の二 海城県/其の三 柝木城/其の四 遼陽州/其の五 興京老城/其の六 奉天府/其の七 鉄嶺県/其の八 開原県}
第二章 満州仏寺建樂 の特性 {其の一 平面/其の二 立面/其の三 基壇及び階/其の四 柱礎/其の五 柱及び柱頭(大斗)/其の六 枓栱/其の七 軒廻/其の八 藻井/其の九 小屋組/其の一〇 屋蓋/其の一一 窓牖及び扉/其の一二 内部の荘厳/其の一三 装飾絵様及び文様/其の一四 塔及び相輪}
第三章 満州塔の起原 {其の一 満州塔の名稱/其の二 満州塔の発生/其の三 満州塔の地理的分布/其の四 満州塔は唐 式に非す/其の五 満州塔は遼式なり/其の六 遼式の起原/其の七 結論}

【満州の文化と遺跡の史的考察】
一 序説
二 満州の国土
三 満州口民族
四 満州の歴史
五 漢文化の満州侵略
六 遺跡の分布
七 遺跡の概説 {其の一 漢/其の二 高句麗及び北魏/其の三 渤海及び唐/其の四 遼金/其の五 元・明・清}
八 特殊遺跡の研究 {其の一 民家/其の二 遼金塔/其の三 清国の諸建築}
九 結尾
一〇 餘論 {其の一 満州は支那の領土に非ず/其の二 満州国と新文化}

【兒魁
緒言
第一編 探検記 {其の一 兒海涼詫/其の二 広東より兒海忙蠅觜厦/其の三 冖隋紳兇了諭々垉椶琉篝廖紳兇慮沺‖臙蜒/其の六 全節廟/其の七 義士洞/其の八 殉難の忠臣及び烈婦}
第二編 海戦記 {其の一 広東省に於ける端宗駐蹕の地点/其の二 兒海侶弍帖紳兇了亜…ス鞍和伉ダし の海戦/其の四 南宋最後の日/其の五 張世傑の末路}

【五台山】
緒言 {其の一 五台山の地理/其の二 五台山の沿革/其の三 五台山の寺院/其の四 五台登山順 路/其の五 五台山雑觀}

【南海普陀山】
緒言 支那の三大霊蹟 {其の一 僧慧鍔の開基/其の二 両伝説の真偽如何/其の三 実地踏査の結果/其の四 梵利/其の五 精藍・塔婆・墳墓/其の六 名勝/其の七 雑件}

【五山十刹図に就いて】

【広東に於ける回教建築】
序言 {一 緒言/二 広東の回教寺に関する文献の諸例/三 ワッカスに関する事蹟/四 調査の経過/五 懐聖寺及び光塔}

【支那の住宅】
諸言
 甲 総論
 乙 実例 {一 北清の住宅/二 中清の住宅/三 四川の住宅/四 南清の住宅/五 台湾の佳宅}

―下巻―
【東洋芸術の系統】
一 序言
二 芸術系統図表
三 芸術波及の原則
四 東洋三大芸術の起点
五 西亞系
六 印度系
七 支那系
八 希臘系
九 薩珊波斯及び東羅馬系
一〇 回教系
一一 波斯部の一(西亞及びコブチック)
一二 波斯部の二(回教波斯)
一三 中央アジア部
一四 琉球部
一五 朝鮮部
一六 アジアは一なり
一七 アジア古芸術の保存
一八 日本芸術の振興

【東洋建築史概説】
一 亞細亞に於ける希・羅系芸術
二 初期サラ セ ン建築
三 サラセン建築
四 マウル建築総説
五 突厥民族の芸術
六 莫臥兒朝の印度建築
七 古代極西亞細亞建築
八 薩珊建築総説
九 北シリア建築総説
一〇 印度建築の発生と発達
一一 印度教建築総説
一二 ガンダーラ芸術総説
一三 毱多朝以前の印度建築
一四 毱多朝及び其の以後の印度仏教芸術
一五 緬甸建築総説
一六 暹羅建築総説
一七 カンボヂア建築総説
一八 チャ建築総説
一九 ジャヴァ建築総説
二〇 安南建築総説
二一 西蔵建築総説

【印度建築史】
緒言
第一章 総論
 第一節 國土
 第二節 民族及び歴史
 第三節 宗教
 第四節 建築の発生と発達
 第五節 印度建築の特性
第二章 仏教建築
 第一節 総論
 第二節 印度本部 {其の一 石柱/其の二 門/其の三 玉垣/其の四 塔/其の五 ヴィハラ/其の六 支堤}
 第三節 錫蘭 {其の一 アメラダプラ時代/其の二 ボ口ンナルワ時代/其の三 カンデー時代}
 第四節 健駄羅 {其の一 地理と歴史/其の二 健駄羅建築の特性/其の三 健駄羅の窣堵婆/其の四 健駄羅の精舍/其の五 健駄羅彫刻}
 第五節 迦濕彌羅 {其の一 総説/其の二 実例}
 第六節 西蔵 {其の一 総説/其の二 塔/其の三 伽藍及び宮室}
 第七節 涅婆羅
 第八節 緬甸 {其の一 総説/其の二 前期/其の三 後期/其の四 僧房・住家}
 第九節 暹羅 {其の一 総説/其の二 実例}
 第十節 老檛
 第一一節 柬甫塞 {其の一 総説/其の二 実例}
 第一二節 占波
 第一三節 爪哇 {其の一 総説/其の二 ブロ・ブドル/其の三 自餘の実例}
第三章 闍伊那教建築
 第一節 古代闍伊那教建築
 第二節 北方闍伊那教建築 {其の一 建築の構造様式/其の二 実例}
 第三節 南方闍伊那教建築
 第四節 近代闍伊那教建築
第四章 印度教建築
 第一節 総説
 第二節 インド・アールヤ式 {其の一 オリッサ地方/其の二 中印度地方及びグルワル地方/其の三 近代式/其の四 非宗教建築}
 第三節 チャルキア式 {其の一 総説/其の二 実例}
 第四節 ドラヴィダ式 {其の一 総説/其の二 初期/其の三 後期/其の四 非宗教建築}

【仏領印度支那】
一 緒言
二 地理
三 歴史
四 航路
五 各種建築と風俗
六 東洋学院
七 安南風物
八 占城と柬甫塞
九 アンコル・ワット
一〇 結尾

【印度建築と回教建築との交渉】
一 諸論
二 従来の印度建築の分期及び回教建築との関係説
三 従来の回教建築と印度建築との関係説
四 ハヴェルの印度建築観
五 印・回の拱の比較
六 印・回の球蓋の比較
七 印・回の構造の比較
八 印・回裝飾の文様比較
九 結論

【健駄羅地方の建築】
一 健駄羅の地理及び玄奘の行程
二 健駄羅寺塔の遺趾
三 健駄羅建築の性質
四 健駄羅建築の起原及び年代
五 健駄羅建築の影響範囲

【祇園精舎図とアンコル・ワット】
緒言
第一章 祇園精舎の由来及び歴史
第二章 所謂祇園精舎図と称するものに就いて
第三章 島野兼了の祇園精合図
第四章 アンコル・ワットの歴史
第五章 島野の図とアンコル・ワットの対比
結論

【安南大磊故城發掘の古瓦】
一 大磊の遺跡
二 大磊の年代
三 古瓦の種類及び性質
四 安南芸術の系統

【回教建築】
諸論
第一章 回教建築の発生と其の発達
第二章 回教建築の特性 {一 材料/二 構造/三 壁面装飾}
第三章 回教建築の種類 {一 宗教建築/二 非宗教建築}
第四章 回教建築の様式 {一 ムハメット以前のアラビア建築/二 アラボ・ビザンチン/三 純正回教式/四 混合回教式}
第五章 回教建築装飾 {一 文様/二 色彩}
第六章 細部の手法

【薩珊建築】
 一 総論
 二 各論

【塔】
諸論
第一 仏塔の由来と原型
第二 中印度の仏塔
第三 錫蘭の塔
第四 緬甸の塔
第五 暹羅及び老檛の塔
第六 柬甫塞(眞臘)、占城及び爪哇の終
第七 健駄羅の塔
販売価格

11,500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM