建築オーダーの意味 ―古代・中世・ルネサンスの古典オーダー― ジョン・オナイアンズ 監訳:日高健一郎 中央公論美術出版社

ホーム

美術・建築・デザイン 評論・美術史・図像学ほか

美術・建築・デザイン 建築

平成16年 A4判 P398 函少汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

15,000円(税込)

購入数

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)



平成16年 A4判 P398 函少汚れ

※こちらの商品はゆうパックでの発送のみ承ります。

“建築オーダーは、古代ギリシャ・ローマ時代を通じて確立された建築様式の基本的な要素であり、基壇上面から軒までの形と比例を定める規範である。〈略〉それは、単に古代ギリシャ・ローマ建築の理解にとって欠くことのできない基本概念であるばかりでなく、本書が明瞭かつ詳細に示すように、西洋建築史の様式的系譜全体が立脚する基盤に他ならない。しかも、その形と意味は時代、地域、作例でそれぞれ多様に変化するので、建築造形の理念と意味を論じる場合、まず、そこでどのような建築オーダーが用いられているかが重要な手がかりとなり、同時に論拠ともなる。この意味で、西洋建築史の本質は、すなわち建築オーダーの歴史そのものであるといっても過言ではなく、本書は西洋経済史を学ぶ上での基本図書であると同時に、研究者にとってもきわめて有用な通史となっている。”(本書「あとがき」より)

目次:
謝辞


第1章 古代ギリシャ {行進するオーダー/前5-4 世紀 ―民族に関わる意味づけ/コリント式 ―新たな生命}
第2章 ヘレニズム世界と共和政時代のローマ {異なる階級と活動/地域の伝統、地域の価値/共和政時代のローマ ―無知から無秩序へ}
第3章 ウィトルウィウス {最初の建築「理論」/合理的項理と建築オーダー/デコールとデコールム/倫理的な枠組み}
第4章 ローマ帝国時代 {あてはまらない理論/イタリック・オーダー/自然に対する勝利/ローマ帝国逍遥}
第5章 初期キリスト教 {キリストの勝利/列柱と典礼/キリスト教の円柱}
第6章 中世キリスト教の円柱 {百科事典的な伝統 ―自然資産から相程的意義へ/イルミンスルとキリスト柱/四角いピアと丸い円柱/ロマネスクのピアからゴシックの円柱へ}
第7章 中世キリスト教におけるオーダー {オーダーの革新/イタリアの聖戦者と平信徒/シュパイヤー大聖堂 ―皇帝が足場を固めた会堂}
第8章 建築の危機 ―中世からルネサンスへ {建築とキリスト教的倫理/ゴシックと古典の相克/生きている教会/正当化された建築/15世紀における美徳と虚栄/古典を用いることの困惑}
第9章 トスカーナ・ルネサンス {ダンテとしてのブルネッレスキ/ミケロッツォ ―文法法則から表現原理へ}
第10章 アルベルティ {ウィトルウィウスの遺産/フラバヌスの遺産/ラテン語、ローマ建築、イタリック・オーダー/建築の倫理性/構造と装飾/種としてのオーダー/社会的価値と倫理的価値}
第11章 フィラレーテ {最初の近代建築論/プラトンと黄金の書/ギリシャ語対ラテン語/人体類比論と特質/建築的特質と社会階級}
第12章 フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ {手稿―ノートブックからテキストブックへ/素描の重要性/アリストテレスと科学書/建築オーダー}
第13章 15世紀末の建築家と理論家 {アルベルティ/ピエンツァのベルナルド・ロッセリーノ/ジュリアーノ・ダ・サンガッロ/フランチェスコ・ディ・ジョルジョ}
第14章 新しいキリスト教建築 {ニコラウス5世/ピウス2世/シクストゥス4世/シクストゥス4世の甥たち}
第15章 フランチェスコ・コロンナ {二つの愛―性と建築/「リニアメント」と「プラティカ」/建築と音楽/「イントナツィオーネ」とオーダー/「メンスラート・テンポ」と柱間}
第16章 ルーカ・パチョーリ {『神聖比例論』と目の優越性/建築/オーダーと性格/オーダーと感情/建築批評と目}
第17章 ブラマンテ {建築のポリフォニー/オーダーと旋法/ドリス式の卓越性について/ルスティカ積みの諸旋法/サン・ピエトロ新聖堂―宗教の歴史と建築の歴史}
第18章 ラファエロ {レオ10世への書簡/「署名の間」と「ヘリオドロスの間」/「火災の間」/建築史と宗教史、再び}
第19章 セルリオ {画家の建築書/建築的判断/オーダー/自由と法則/ルスティカ積み、ゴシック、そして古典的オーダー}
第20章 セルリオのヴェネツィア ―サンソヴィーノ、アレティーノ、ティツィアーノそしてヴァザーリ― {サンソヴィーノとピアッツェッタ/市門としてのピアッツェッタ/アレティーノ/ティツィアーノ/ヴァザーリ}
第21章 16世紀の選択 {地位、倫理性そして性格/教会建築 ―闘う教会か勝利の教会か?/パラッツォとヴィッラ ―善良であるべきか、偉大であるべきか?/政府と商業 ―公共建築と社会的秩序/要塞 ―人々を疎外しつつ守る}

あとがき
図版一覧
参考文献
索引

販売価格

15,000円(税込)

購入数

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM