崖の館/水に描かれた館/夢館 佐々木丸美コレクション16・17・18 〈館〉3部作セット ブッキング

ホーム

国内文学 小説

2008年 四六判 P311、339、242 各巻帯付 2冊目「水に描かれた館」カバーおよび小口シミ汚れ 3冊目「夢館」帯少シミ汚れ

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

3,000円(税込)

売り切れました

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)



2008年 四六判 P311、339、242 各巻帯付 2冊目「水に描かれた館」カバーおよび小口シミ汚れ 3冊目「夢館」帯少シミ汚れ

【崖の館】1977年に講談社から刊行された単行本を底本として復刊。
“思い出の〈館〉から誰も逃げられない
降りやまぬ吹雪の中、陸の孤島と化した〈崖の館〉で起きる不可解な事件。犯人は、いとこの中にいる―!?”(帯文)

“百人浜の館で美しい従姉が死んだ。数年後、館を訪れたいとこたちが次々と惨劇に見舞われる。涼子は犯人への手がかりをつかむが …。本格推理長編。”(宣伝文)

【水に描かれた館】1978年に講談社から刊行された単行本を底本として復刊。
“招かれざる客の殺意 〈館〉の悲劇は終わらない
財産目録作成に立ち会うため、再び〈館〉を訪れた涼子たち。しかし、おばが召集したコレクション鑑定家の中に招かれざる人物が。大時計の点鐘とともに起こる事件とは……。”(帯文)

“事件から時が経ち、涼子は再び館を訪れる。しかし、同時に館を訪れた5人の客の中に招かれざる人物が。人間心理の神秘を描いたミステリー。”(宣伝文)

【夢館】1980年に講談社から刊行された単行本を底本として復刊。
“前世の記憶を抱く少女 伝説の〈館〉は永遠に―
吹原家の当主・恭介と孤児の千波は不思議な縁に引き寄せられ、運命的な出会いを果たす。雪の屋敷に帰り着いた、転生と夢と記憶の物語。”(帯文)

“孤児の千波が暮らす吹原家では、当主である恭介に好意を抱いた者が次々と命を落としていった。因縁と愛憎がうずまく館で、時を超えて巡り逢う恋人たちの物語。”(宣伝文)

販売価格

3,000円(税込)

売り切れました

※4月1日から送料を改訂します⇒詳細(当店ブログに移動)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM