神話と文学 ウイリアム・ライター 訳:富山太佳夫 紀伊國屋書店

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 妖怪・幻獣・神話・民間伝承 西洋・その他の神話・民間伝承・怪物



1976年 四六判 P198 カバースレ、ヤケ、少汚れ 小口ヤケ カバー袖から見返し、巻頭巻末ページにかけてセロテープ跡

“文学の世界のみならず、様々のジャンルで「神話」という言葉が頻繁に用いられるのは、それだけの有効性があっての筈であるが、現在それは柔軟な伸縮自在の操作概念に変貌 し、その輪郭が不明確になればなるほど増々広く使用 されるようになってきている。このパラドックスを明らかにするためには、我々はまず、広く文化人類学者、哲学者、文学者等における「神話」のさまざまの用法を検討することから始めねばならないであろう。著者ライターは、この困難な作業を、適切な引用と含蓄に富む解説によって果している。
非神話化、脱神話のスローガンがかまびすしい現代にあって、神話概念と人間精神の深い関わりを考察することは極めて重要である。
本書は、文学に関心のある人々にとってのみ開かれているのではない。これは神話の入門書でもあり、神話論への新たな展望を拓く大胆な問題提起の書でもある。恐らく読者それぞれにとって神話の世界への通過儀礼となるであろう。”(カバー裏紹介文)

目次:
第一章 神話の意識
 {一 スタヴローギンの夢/二 さまざまの意味と可能性/三 いくつかの理論/四 神話の使用例}

第二章 神話と解釈
 {一 ベネット夫人とラムゼイ夫人/二 「神話的な意義」/三 様々なるフェードル/四 神話と秩序/五 神話との比較の後退}

第三章 神話の神話
 {一 フィクションの必要性/二 様々の神話とその力/三 神話の死/四 類推}

読書案内
訳註
訳者後記

販売価格

650円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
10月17〜19日の3日間、屋外催事の準備および出店のため、お品物の発送ができません。
また、在庫確認・お手続きのご案内等のメール返信はなるべく夜または翌日の早朝にお送りしたいと考えておりますが、これも状況により遅れる場合がございます。
ご注文の際は上記ご承諾のうえでお手続きくださいませ。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM