迷宮と神話 カール・ケレーニイ 訳:種村季弘、藤川芳朗 弘文堂

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 民俗学・文化人類学・考古学 その他

カテゴリー : ホーム 妖怪・幻獣・神話・民間伝承 西洋・その他の神話・民間伝承・怪物



昭和62年5刷 四六判 P274 カバー僅スレ、端少イタミ、背僅ヤケ 天汚れ、薄く押印消し跡 遊び紙端シミ汚れ

神話学者カール・ケレーニイの論文2篇を収録。
前半部「迷宮の研究」では、メソポタミアで発掘された粘土板、インドネシアのマロ舞踏、ヨーロッパの螺旋形の石積みや迷宮建造物、装飾、その他世界各地のさまざまな螺旋・迷宮的事例を示しつつ、インドネシアのハイヌヴェレ神話やギリシャ神話に通底する冥界・迷宮的イメージについて検討する。
後半部「魂の導者・ヘルメース」は、古典伝承はもとより、イリアスやオデュッセイアといった文芸、祭祀、芸術作品などにたびたび登場するギリシャ神話の男性神ヘルメースに、どのようなイメージ・属性が付与されたかを考察する。

目次:
【迷宮の研究 ―ある神話的観念の線反射としての迷宮―】
一 問題―秘密
二 バビロニア
三 死―生
四 セーラム、ポリネシア、オーストラリア
五 スカンジナヴィア、イングランド、ドイツ
六 中世―ウェルギリウス
七 建造物―洞窟
八 舞踏
九 沈降―飛上
一〇 無限―不死
一一 装飾―象徴像
一二 ノルマン人―ローマ人
補遺 アポローン祭祀ならいにアスクレーピオス祭祀における蛇と鼠について

【魂の導者・ヘルメース ―男性の生命起源の神話素―】
第一章 古典伝承のヘルメース
 一 〈ヘルメース〉という概念における問題的なもの/二 『イーリアス』のヘルメース/三 『オデュッセイア』のへルメース/四 『讃歌』のへルメース/五 ヘルメースと夜

第二章 生と死のへルメース
 一 ヘルメースとエロース/二 ヘルメースと女神たち/三 ヘルメース立像の密儀/四 ヘルメースと雄羊/五 シーレーノスとへルメース

迷宮の研究 原注・訳注/魂の導者・へルメース 訳注・訳者あとがき

販売価格

950円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM