フィクションとディクション  ジャンル・物語論・文体 ジェラール・ジュネット 訳:和泉涼一、尾河直哉 水声社

カテゴリー : ホーム 海外文学 評論・エッセイ

カテゴリー : ホーム 人文・社会科学 言語学・記号学・メディア論



2004年 A5判 P167 カバー僅スレ

叢書記号学的実践

“文学作品と感じられ、そう認められるテクストとはいかなるテクストなのか?
文学性の客観的で普遍的な本質を問うことは、長きにわたって詩学の課題であった。《本質主義的詩学》はこれに二通りの答えを提示する。内容の虚構性、語り方における詩的形式である。
だが、虚構でもなく詩でもない夥しいテクストは?
著者は、アリストテレースからヴァレリー、ヤーコブソンに至る詩学の歩みをたどりつつ、文学性への問いとして《条件主義的詩学》をそれに加えることを提唱する。
《テクストはいかなる条件・情況のもとで作品となり、あるいは作品であることを停止するのか?》
『赤と黒』や『アエネーイス』が無条件に文学作品として認知されるのとおなじように、ルソーやミシュレが、著者の意図さえ超えて美的対象として受容され評価されるとき、そこにいかなる文学性の基準が働いているのか?
かくて、物語的虚構の言表が言語行為論の立場から再検討され、虚構と非虚構の分水嶺が探られ、非虚構の言説をときに文学作品として評価せしめる《文体》概念の記号論的定義が試みられる。
本書は、文学を超えて美学・芸術論の領域へと踏み出した、著者のあらたな展開を示す刺激的な著作である。”(カバー裏紹介文)

目次:
はじめに

第一章 フィクションとディクション
第二章 虚構の行為
第三章 虚構的物語言説、事実的物語言説
第四章 文体と意味作用

原註
訳註
索引

ジュネット詩学の展開(尾河直哉)

販売価格

2,300円(税込)

売り切れました
※「日本郵便の規格・運賃改正に伴う発送方法変更のお知らせ」(当店ブログに移動します)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

現代文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

澁澤龍彦その他国内シュルレアリスムその他海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM