沖縄の淵 伊波普猷とその時代 鹿野政直 岩波書店

1993年 四六判 P316 帯背ヤケ、シミ カバー背から端にかけて少ヤケ、上端イタミ 天時代シミ多

↓詳細は下記の画像および説明文をご参照ください。↓

販売価格

1,750円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

人文・社会科学民俗学・文化人類学・考古学その他




1993年 四六判 P316 帯背ヤケ、シミ カバー背から端にかけて少ヤケ、上端イタミ 天時代シミ多

“民族文化の自立と従属のはざまで―
「世替り」を生きた民間学者の軌跡
沖縄思想史とヤマト思想史の境で、民俗研究の独自のフィールドを切り拓いた、日本近代に稀有な精神の全貌。”(帯文)

“沖縄学の父、伊波普猷―
ヤマトによる政治支配と文化侵略のもとで、沖縄文化の固有性を守り、民族の独自性に拠って立つ道はあっただろうか。伊波普猷は、その問いを担って、民族文化の自立と従属のはざまを歩み続けた。
民族の啓蒙活動に心血を注いだ後、郷土を離れ、日本民俗学の成立に立会う。そして、『おもろそうし』への沈潜のはてに、沖縄学の方法を確立した。つねに琉球民族の宿命と共にあったその生涯を丹念にたどり、思想の人間的な襞にまで分け入ろうとする。
日本近代の民間学史上、稀有な学風と文体を育てた個性の秘密を探る評伝。”(カバー袖紹介文)

目次:

凡例

第一章 世替りを受けとめて
第二章 新知識人の誕生と帰郷
第三章 『古琉球』
第四章 精神革命の布教者
第五章 転回と離郷
第六章 「孤島苦」と「南島」意識
第七章 「父」なるヤマト
第八章 亡びのあとで

あとがき
販売価格

1,750円(税込)

購入数
●出張のお知らせ●
6月27日(月)の13時以降は店主不在のため、在庫確認・お手続きのご案内等、夜または翌28日にご連絡さしあげます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

検索


海外文学

小説評論・エッセイ

国内文学

小説評論・エッセイ詩・短歌・俳句文芸誌古典文学(近世以前)

美術/建築/デザイン

評論・美術史・図像学絵画・写真・オブジェほか建築工芸・民芸・商業デザイン演劇・舞踏・映像芸術美術雑誌

人文/社会科学

思想・哲学・社会学宗教・民間信仰言語学・メディア論歴史民俗学・文化人類学・考古学

自然科学

自然科学史学術書・実用書読み物・エッセイ図鑑・事典

文化/風俗/サブカルチャー

文化・風俗芸能・音楽呪術・占術・オカルトサイエンス

暮らし・趣味の本

手芸暮しの手帖スポーツ・武術

児童書

戦前の絵本・児童書戦後〜1960年代の絵本1970年代〜現代の絵本児童書籍児童画集・児童文学論洋書絵本・外国語絵本

幻想/綺想/怪奇/シュルレアリスム/前衛・・・

国内シュルレアリスム海外

博物・本草・錬金術・魔術・記号術
妖怪・幻獣・神話・伝承
江戸の文化・風俗


その他

全集・セット本

文庫・新書・選書

雑誌・ムック本

展覧会図録

facebook

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM